切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS リベリア(3)

<<   作成日時 : 2008/12/16 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 リベリアの話が続きますが,軍事クーデターでトルバート大統領の政権が崩壊した後,そのクーデターを指導したドゥ陸軍曹長が1985年に大統領になり,リベリア初の先住民政権が誕生します。しかし,自身の出身民族クラン族など一部の民族を偏重するなど独裁色が強く,ドゥ政権打倒を掲げるNPFL(リベリア国民愛国戦線)が武装蜂起,さらにその内部対立を経て,1990年同大統領が暗殺されます。

 さらに,NPFLとULIMO(リベリア民主統一解放戦線)の対立が激化,それぞれの組織の分派も蜂起し,内戦は泥沼状態になります。1993年和平協定に合意しますが,1995年の和平協定調印を経て,実際内戦が終結するのは1996年末のことになります。このような内戦経過の中で発行された切手として今日取りあげたのが上の切手で,1993年に武装解除をアピールして発行されたものです。

 図案を見ると,平和への願いを込めて白い地図にしたのかどうかわかりませんが,リベリアの白地図の中に,銃を差し出す民間人の姿が描かれており,特異な地図切手になっていますが,実際に武装解除が完了するのが1997年1月1日ということになります。

 ところが,それもつかの間で2003年には再び,政府と反政府勢力による内戦がはじまり翌年まで続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リベリア(3) 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる