切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS ユーラシア(トルコ)

<<   作成日時 : 2008/05/02 21:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 昨日までヨーロッパ地図切手を紹介してきましたが,地理的に大陸を分ける場合,世界は6大陸に分類されヨーロッパはアジアとともにユーラシア大陸の一部ということになります。

 それではヨーロッパとアジアの区分はどこでするのかということですが,これも地理的にはウラル山脈とカスピ海,カフカス山脈そして黒海と地中海を結ぶ線で区分するのが一般的です。

 黒海と地中海を結ぶボスポラス海峡をはさむのが歴史あるトルコの都市イスタンブールということで,ヨーロッパ部分とアジア部分にまたがり,文字通り欧亜の架け橋となっているわけです。

 上の切手は1970年にボスポラス大橋着工を記念してトルコから発行されたもので,図案にはユーラシア大陸の地図と大橋が描かれています。ちなみに同橋は1973年に完成しますが,1988年には第2ボスポラス大橋も完成しています。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユーラシア(トルコ) 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる