切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS アンティグア・バーブーダ

<<   作成日時 : 2007/06/01 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 小アンティル諸島北半のリーワード諸島の中にあり,先に紹介したセントクリストファー・ネービスの東に位置するのがアンティグア島とバーブーダ島の2島を中心に形成されるアンティグア・バーブーダです。

 今日の切手はそのうちアンティグア島の古地図を描いた切手で,1975年に発行されたものです。同島はコロンブスの第2回航海で発見された後,1667年以降はイギリスの植民地になりますが,図案の地図は1721年にイギリスで製作されたもので,現在の地図とくらべても非常に精度が高く,南西部の火山と北東部のサンゴ礁の複合島で出入りの多い島の海岸線の特色をよく示しています。

 イギリスはこのような天然の良港を利用して海軍基地をつくり,首都のセントジョンズはイギリス調の古い建物が多く残っています。

 さらに図案の地図をよく見ると,マイル表示の縮尺距離表示が描かれているのがわかります。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アンティグア・バーブーダ 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる