切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS 消えたAMERICA

<<   作成日時 : 2006/11/24 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 1507年のヴァルトゼーミュラーの世界図にアメリゴ・ヴェスプッチの航海と主張により初めてAMERICAが記載されたことをここ数日紹介してきましたが,今日紹介する切手は同じヴァルトゼーミュラーによる1513年の世界図のアフリカ部分が図案の切手で,以前にも紹介したボフタツワナから発行されたアフリカの古地図シリーズの一種です。

 実はこの1513年の世界図の南米大陸にはAMERICAの文字が消えているのです。その真相はというと,ヴァルトゼーミュラー自身がアメリゴ・ヴェスプッチを称賛しすぎたと,考えを直したということなのです。1513年の世界図の新大陸には「この土地と隣接する島々はコロンブスが発見した。」と注記を入れて,コロンブスが新大陸の第一の発見者であると再評価したわけですが,時すでに遅く,このアメリカの名はすぐに定着し1538年のメルカトルの世界図では北アメリカの部分も含めてアメリカの名が用いられました。

 確かに,コロンブスは第3回の航海で南米大陸北岸を航海して新大陸を確認しています。ただ,アメリゴ・ヴェスプッチのように新大陸であるという認識がなかったために,後世,大陸名に名を残せなかったという結果になってしまったわけです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
消えたAMERICA 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる