切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァルトゼーミュラーの地図

<<   作成日時 : 2006/11/18 21:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 一昨日,昨日と紹介したコンタリーニの地図が描かれた切手と同様,今日紹介する切手も1991年にボフタツワナから発行されたアフリカの古地図シリーズの一種で,1507年にヴァルトゼーミュラーによって製作された地図のアフリカ部分が切手図案になっています。

 このヴァルトゼーミュラーの地図は「プトレマイオスの伝統およびアメリゴ・ヴェスプッチの航海による世界図」と題され,アジアやヨーロッパは古代に起源のあるプトレマイオスの地図形態に従っているのですが,アフリカはコンタリーニの地図と同様かなり正確な形に近づいていることが図案からわかります。ただ,よく見ると赤道周辺から南のインド洋へ通じる河川が描かれている点は誤っています。

 ただ,この地図の最も大きな特徴は,アメリゴ・ヴェスプッチの航海とその著書中の記述により,地図の左端に細長い新しい大陸を描き,その南アメリカの部分にアメリカと記載したことでした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァルトゼーミュラーの地図 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる