切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS ボン・コペンハーゲン宣言

<<   作成日時 : 2006/07/29 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 昨日,北海=バルト海運河があるドイツのシュレスウィッヒ=ホルシュタイン州がもともとデンマーク領だと紹介しましたが,実はこの地域は長らくデンマークドイツとの係争地であったわけです。昨日の話の続きとして付け加えると,1920年にシュレスウィッヒの北部は住民投票の結果,デンマークに割譲されます。そのような歴史的背景のため,国境付近にはデンマーク系とドイツ系の人々が混在しており,お互いの国にそれぞれの民族が少数民族として存在しています。

 1955年に両国によって,これらのお互いの少数民族の権利を認め合う,ボン・コペンハーゲン宣言(少数民族に関する宣言)の同意がなされました。

 今日紹介する切手は,その宣言30年を記念して1985年に当時の西ドイツから発行されたもので,図案には国境付近の地図とお互いの国の少数民族となっているドイツ人,デンマーク人の分布が示されています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボン・コペンハーゲン宣言 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる