南北首脳会談

画像


先日、韓国と北朝鮮による南北首脳会談が実施され、今後の朝鮮半島情勢が注目されるところですが、トランプ米大統領もこの会談を歴史的だと述べ、さらには米朝首脳会談も予定されています。

ということで、今日取りあげたのが上の切手ですが、チュチェ思想セミナーを記念して1977年に北朝鮮から発行されたものです。鮮やかな赤色の朝鮮半島地図が描かれており、星印がピョンヤンの位置を示しています。

チュチェ(主体)思想とはマルクス・レーニン主義を朝鮮の現実に適用したもので、1966年以降に金日成により唱えられ、先軍思想とともに、北朝鮮における朝鮮労働党の指導の基礎になっているものです。このチュチェ思想は北朝鮮の切手にはしばしば取りあげられています。

切手図案をよく見ると、地図の周囲には多数のプラカードが描かれており、KOREA IS ONE!、AMERICANS GET OUT OF KOREA の文字が見えます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック