キエフ

画像
 

 相変わらず先行き不透明なウクライナ情勢ですが、紹介を続けているウクライナの地域シリーズ、前回のハルキウ(ハリコフ)州の州都ハルキウはウクライナの二大都市の一つですが、残る一つは、当然というか、首都のキエフということで今日はそのキエフの切手です。

 二大都市と言っても、このキエフは人口270万人でハルキウの約二倍の規模を誇ります。そしてキエフはどこの州にも属さないという2特別市の一つです。この特別市のもう一つはハルキウではなく、以前紹介したクリミア半島のセウ゛ァストポリということになります。

 このキエフ、切手印面の地図では赤い点で示されていますが、ウクライナの中央北部に位置しており、同国では最古の都市でドニエプル川沿いの交通の要地でもあることから、中世キエフルーシの都として栄えて以来、同国の政治、経済、文化の中心都市であり続けています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック