北朝鮮

画像

 東アジアの国,今日は朝鮮半島に入りますが,まず北朝鮮から発行された地図切手です。上の切手は1979年にチュチェ思想下での社会主義建設をテーマに発行された切手の一種で,図案には朝鮮半島全体の地図が,社会主義を象徴するように赤色で描かれ,北朝鮮の首都ピョンヤンの位置に黄色い星印が示されています。韓国との国境線を示さず半島を赤く描いているのは,朝鮮半島の社会主義国家としての統一を目指すという意志が強く表れているように思えます。

 このチュチェ思想というのは主体的思想という意味で,自主的な政治,自立できる経済,自衛を重視する国防という北朝鮮の指導理念を示すものです。

 ちなみに,全く異なった視点で図案の地図を眺めると,半島南西部の海岸線が非常に複雑なことがよくわかりますが,この地域は世界でも有数なリアス式海岸地域になっています。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック