アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「地図」のブログ記事

みんなの「地図」ブログ


空中写真から作られる地図

2017/05/20 22:47
画像


 上の切手は2016年にコロンビアから発行された興味深い地図切手です。印面には大きく同国の地図が描かれているのですが,中央に飛行機が描かれ,それより下,すなわち同国の南部は1913年の地図,上側の北部は2009年のランドサットの衛星画像を加工した画像地図が描かれています。

 昔は測量隊員が現地調査をくり返して膨大な時間をかけて作成された地形図ですが,その後このような飛行機により撮影された空中写真をもとに作成する空中写真測量が地図作りの中心になっています。

 図案はその空中写真撮影のイメージ図ということですが,今後さらに衛星画像,GPS測量の技術が地形図作成に取り入れられていくことになると思います。

地図はどのようにして作られるのか まるごとわかる地図の教科書 [ 山岡光治 ]

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


イタリア トスカーナワイン

2017/05/06 23:46
画像


最近手に入れた地図切手がほとんど未整理のまま放置されているので、GW中に少しは整理しようと思いましたが、なかなか進まないのが現状です。そんな中で今日取りあげた1枚が上の切手で、昨年イタリアからトスカーナ大公国のワイン法300年を記念して発行されたものです。

フランスと生産世界一を争うワインの本場イタリアですが、1716年に、当時のトスカーナ大公であったメディチ家のコジモ3世によって生産地の線引きが行われ、ワインの原産地呼称制度の始まりと言われています。

切手図案にはトスカーナ州の地図の中に当時線引きの対象となった四つの産地の地名と場所が示され、コジモ3世と共に描かれています。

ワイン通の人には、なかなかの地図切手ということになります。

[エラベル]ポッジアサイ [2010] ポッジョ・ボネッリイタリアワイン トスカーナ 赤ワイン[erabell]deal




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


今年の1枚

2016/12/31 22:01
画像


 今年もほとんど更新がないまま大晦日になってしまいましたが,一昨年,昨年と「今年の1枚」という記事だけは更新しましたので,今年も続いてということで取り上げたのが,東ヨーロッパの小国(旧ソ連の一部)モルドバから今年2月に発行された小型シートで,シュトルーヴェの測地事業開始200年を記念して発行されたものです。

 ドイツ生まれのロシア人天文学者であるシュトルーヴェは1816年から1855年にかけて,地球の大きさの正確な測定のため,子午線弧の長さを三角測量で測量しました。この三角測量のために設置された三角点群は通称「シュトルーヴェの測地弧」と呼ばれ,三角点の一部が2005年にユネスコの世界遺産に登録されています。非常にめずらしい形の世界遺産ですが,この測地弧,現在の国でみると北はノルウェーから南はウクライナまで10ヶ国にまたがっています。

 これらの一部の国から,世界遺産登録後それぞれ記念切手や小型シートが発行されており,地図や三角網,測量器機,そしてシュトルーヴェの肖像等を描くという,よく似た図案が採用されていますが,今回取り上げたモルドバの小型シートは,この測地弧三角網の全体像が国境を示した地図とともにわかりやすく描かれており,モルドバ国内の三角網部分が同国の地図上にはっきり示されている拡大図部分が切手印面になっているというデザイン的にもすぐれたものです。また,右側タブの部分には,測地弧が通過する10ヶ国の国名が北から順に列挙されている点もなかなか良い感じです。

 日本ではなじみの少ないモルドバという国の形態やヨーロッパの中での位置がよくわかる小型シートでもあり,そのサイズが68×82oとリーフに貼り付ける場合も収まりの良いコンパクトサイズで気に入っています。

 本年は私にとって,フィラテリストの面から言うと前回の記事で紹介させていただいたように,FIP国際展のニューヨーク展で金賞を受賞できたという最高の年になりました。
 
 なお,この受賞作品「地図の歴史」をそのままの形で,年明けの1月20日(金)〜22日(日)に開催される「第8回テーマティク出品者の会切手展」(東京目白,切手の博物館3階スペース:入場無料)に出品いたします。当作品の中には,今回取り上げたモルドバのシュトルーヴェ測地弧に関して,以前に同国から発行されたステーショナリー(切手付封筒)も含まれています。よろしければ御来場いただき,他の多くのテーマティク作品とともに御覧いただければ幸いです。

 
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


朝鮮戦争

2014/08/14 13:44
画像

 
 先日まで開催された韓国ソウルでの世界切手展、日本からの出品はなかなかの好成績のようで、大金賞4、金賞8という結果が出ていますが、テーマティクでは2作品中大沼さんの「ベートーベン」が昨年のブラジル展に続いて大金、内藤さんの「香港の歴史」が金とこちらもすばらしい結果です。

 
 ということで、上の切手は韓国がらみで、朝鮮戦争休戦協定50年を記念してカナダから2003年に発行されたものです。図案には国連軍の爆撃機と兵士の写真、そして北緯38度線が金色で、軍事境界線が赤色で示されています。よく南北朝鮮の境界が38度線という表現が使われますが、厳密には一致していないということがこの切手図案でよくわかります。また,耳紙のカラーマークは朝鮮半島の地図の形になっています。

 さて、この朝鮮戦争に関しては今回の国際切手展で金賞を受賞した郵便学者内藤陽介さんの著書「朝鮮戦争」(えにし書房)が刊行されました。朝鮮戦争を郵便資料を用いて解説する切り口の好著です。ぜひ御一読を。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


カリブ海

2014/08/05 21:27
画像
 
 
 先日まで開催された全日展(全日本切手展)は無事盛況のうちに終了したようですが、関係者のご尽力には敬意を表します。当方は都合がつかず参観できませんでしたが、競争展示に加えて企画展示も実際に見れなかったのが残念でした。

 上の切手は、今回の企画展示の一つカリブ切手展にちなんで取り上げたものです。カリブ海にはコロンブスが発見した島が多くありますが、それらを含んでコロンブスの四回の航海航路を示したカリブ海の地図が図案のこの切手、ちょっと変わったところでマルタ騎士団という国?から1992年に発行されたものです。なかなか渋い図案と気に入っている一枚です。
 
 さて今回の全日展のテーマティク部門では、レギュラークラスで金賞、ワンフレームクラスで大金銀賞とランクアップされた作品がありました。これも実際に参観できず残念でしたが、フィラテリストマガジンの号外での自己予告ページを見させていただいて納得のいくところです。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


キエフ

2014/05/24 21:30
画像
 

 相変わらず先行き不透明なウクライナ情勢ですが、紹介を続けているウクライナの地域シリーズ、前回のハルキウ(ハリコフ)州の州都ハルキウはウクライナの二大都市の一つですが、残る一つは、当然というか、首都のキエフということで今日はそのキエフの切手です。

 二大都市と言っても、このキエフは人口270万人でハルキウの約二倍の規模を誇ります。そしてキエフはどこの州にも属さないという2特別市の一つです。この特別市のもう一つはハルキウではなく、以前紹介したクリミア半島のセウ゛ァストポリということになります。

 このキエフ、切手印面の地図では赤い点で示されていますが、ウクライナの中央北部に位置しており、同国では最古の都市でドニエプル川沿いの交通の要地でもあることから、中世キエフルーシの都として栄えて以来、同国の政治、経済、文化の中心都市であり続けています。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ハルキウ(ハリコフ)

2014/05/05 11:46
画像


 ウクライナ情勢は、親ロシア派とウクライナ暫定政権との攻防が激しくなり、先行きが懸念されていますが、今日取り上げたのは引き続きウクライナ地域シリーズの一種で、先日、市長が銃撃されて重体になったと報道された、北東部のハルキウ(日本ではハリコフ)を州都とするハルキウ州です。

 このハルキウ州、ウクライナの穀倉地帯でもあり、ハルキウ市は図案からもわかるようにトラクターや飛行機など(実際には戦車も多く作られている)農業機械や輸送機械工業もさかんな工業地帯でもあります。

 また、ハルキウ市はウクライナ第二の都市で、歴史の古いハルキウ大学もある文化の中心地で、歴史的には、第二次世界大戦中のドイツとソ連によってこの地を奪い合ったハリコフ攻防戦の激戦地という側面も持っています。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ルハーンシク(ルガンスク)

2014/04/29 11:39
画像
 
 ウクライナ地域シリーズ、今日取り上げたのは前回のドネツク州と同様、親ロシア派が住民投票の実施を決めた東部の州ルハーンシク(ロシア語名ルガンスク)です。

 このルハーンシク州はロシアと国境を接しており、親ロシア派が多い州ですが、民族的にロシア人が多いという訳ではなく、住民の民族構成はウクライナ系58%、ロシア系39%という構成になっています。

 また、ドネツク州との共通点として、旧ソ連時代そして現在のウクライナでも重工業地帯を形成している点です。ドネツクやこのルハーンシクが、もしロシアへの編入ということになれば、ウクライナにとって大きな打撃になることは間違いなく、ウクライナの立場からすれば、これを認めない当然ということになります。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


ドネツク

2014/04/20 16:41
画像
 
 
 ウクライナの地域シリーズで、クリミアを紹介してきましたが、今日は同じく親ロシア派が多く、自治権の拡大を要求しウクライナからの分離の可能性もある東部の州ドネツクです。

 現在、市庁舎などが親ロシア派武装勢力に占拠されているドネツクは、切手図案の地図中に赤い線で示されているように、ウクライナ東部に位置しますが、図案からもわかるように、旧ソ連時代はソ連最大の炭田として知られたドネツ炭田があります。この炭田を背景にソ連最大の重工業地帯を形成していました。

 当然、現在でもウクライナ経済を支える中心的な工業地帯ということになります。 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


セウ゛ァストポリ

2014/04/13 12:04
画像
 
 前回、ウクライナの地域シリーズ切手でクリミア自治共和国を紹介しましたが、そのクリミア半島の一部に同自治共和国には属さない地域があります。

 ウクライナの行政区分は24州、1自治共和国、2特別市からなっており、1自治共和国がクリミアになるわけですが、2特別市は首都のキエフともう一つクリミア半島南西部に位置するセウ゛ァストポリです。

 上の切手は、地域シリーズの一種で、このセウ゛ァストポリもきっちりと発行されています。同市は黒海に面する要塞の地として軍事上極めて重要な位置にあり(切手印面の地図では赤い点で示されている)、ソ連時代にもクリミア州の一部ではなくキエフの直轄下に置かれました。そして、ソ連崩壊後もウクライナの海軍司令部だけでなくロシアの海軍基地が置かれ、2017年までロシアが租借することになっていました。

 今回のクリミア問題で、このセウ゛ァストポリもクリミア自治共和国とともに主権宣言を行い、ロシアへの編入という形になっていますが、クリミア同様、ウクライナ、EU、アメリカ陣営は認めていない状況になっています。

 


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
クリミア自治共和国
クリミア自治共和国  200海里水域の地図切手が続きましたが,同じく国家の支配地域に関する話題として,現在注目されているのがクリミア問題で揺れるウクライナ情勢です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 21:30
200海里経済水域(2)
200海里経済水域(2)  前々回にエクアドルの200海里経済水域の範囲を描いた地図切手を紹介しましたが,これと同じような地図図案の切手を今日も取りあげます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/24 21:48
ガラパゴス諸島の島名
ガラパゴス諸島の島名  引き続いてエクアドルの地図切手ですが,今日は前回の記事の中にも出てきたガラパゴス諸島の純地図切手です。上の切手は同国から1936年に,ダーウィンのビーグル号によるガラパゴス諸島訪問100年を記念して発行された切手の1種です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/16 21:20
200海里経済水域
200海里経済水域  久しぶりの更新ですが,ずっと続いているエクアドルの地図切手を今日も取り上げます。前回は空からの空中写真ということでしたが,今日は逆に海に関係のある地図切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/09 21:24
陸軍による地形図製作
陸軍による地形図製作  前回紹介したような三角測量などの測地事業はその後の世界各国の地形図製作へと発展していきます。地形図製は各国の威信をかけた国家事業として,また,軍事的には戦略的に不可欠なものとして製作されていきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/23 12:13
領有主張切手
領有主張切手  年が変わりましたが,記事の流れは昨年末からのつづきということで,前回のパナマの切手同様,ラテンアメリカの国のコントロールパンチの入った見本切手を紹介します。    今日はパナマから南へ移って南米大陸の内陸国ボリビアの地図切手です。この切手も前回のパナマと同じく,同図案,類似図案の地図切手が額面,刷色ちがいで数回にわたり多種類発行されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/04 22:50
パナマ
パナマ  前回の記事の中で紹介したようにグランコロンビアから分離独立したうちの一つにパナマがあります。ということで今日はそのパナマの地図切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/28 21:56
グランコロンビア
グランコロンビア  前回,コロンビアの領土を示す地図切手を紹介しましたが,今日も同じく同国の領土を示す地図切手です。図案の地図をよく見ると,現在のコロンビアより広い範囲に領土が描かれています。コロンビア以外に現在のベネズエラ,エクアドルそしてパナマを含んでいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/21 22:04
コロンビア
コロンビア  前回のワシントンDCの切手で,その名称の後半部がコロンブスにちなんでいると紹介しましたが,そのコロンブスの名を国名に用いた唯一の国が南米のコロンビアです。ということで今日はそのコロンビアの地図切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/14 21:51
ワシントンDC
ワシントンDC  前回紹介したブラジルの放射直交型都市ベロリゾンテは,アメリカ合衆国の首都ワシントンがモデルと言われています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/10 22:02
ブラジリア
ブラジリア  ブラジル展にちなんで,今回の当方の出品作品に使ったブラジル切手をもう1枚ということで今日もとりあげました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/01 21:33
今年の地図切手
今年の地図切手  今年も今日で終わりということになりましたが,本年はほとんど当ブログの更新が止まってしまいました。最後に私が選んだ今年最高の地図切手を1枚ということで取り上げました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/31 22:12
メルカトルでJAPEXへ
メルカトルでJAPEXへ 前回,ベルギー発行の地図学者メルカトル生誕500年記念小型シートを紹介しましたが,今日は同じく生誕500年記念のドイツ発行分の切手です。    メルカトルはフランドル(現ベルギー)で生まれて,地球儀や地図の製作に従事しますが,やがて宗教改革とそれに対する反宗教改革運動に巻き込まれ,後にドイツのデュースブルクに移住することになり,後半生をそこで過ごします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/06 22:05
メルカトル生誕500年
メルカトル生誕500年   長い間の放置状態で申し訳ありません。久しぶりの更新で,その間にはロンドンオリンピックや尖閣問題など大きく動きのあった2012年ですが,とくに後者に関しては日中間の交流行事中止などの影響が出ているようです。本年度のJAPEXも日中国交正常化40周年を記念する企画展が予定されていますが,郵趣と政治は関係ないということになるのでしょうか。領土問題と切手ということで言えば大いに関係があると言うことになりますが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/29 22:27
ニューヨーク大学
ニューヨーク大学  先日,中国の盲目の人権活動家である陳光誠氏が米国大使館に保護された問題で,中国政府が留学目的での出国なら容認する姿勢を示し,それに対してアメリカ政府が米国の大学での受け入れに向けて準備をはじめたということですが,その大学としてニューヨーク大学の名があがっています。    ということで,今日の地図切手はニューヨーク市の地図が描かれた切手です。上の切手は1948年にアメリカからニューヨーク市5区統合50年を記念して発行された航空切手で,図案にはニューヨーク市の5つの区の配置を描く市全体の地... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/05/06 15:03
シリア問題
シリア問題  一昨日,シリアの首都ダマスカスで自爆テロがあり多数の死傷者が出ましたが,シリアではアラブの春に乗った昨年来の反政府運動に対して,政府側が弾圧を加えるという構図がずっと続いています。国連ではシリア監視団の派遣が決定されましたが,アサド政権が事態の収拾へ道を開くか,全く不透明です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/29 16:39
ミャンマーの民主化
ミャンマーの民主化  来日中のミャンマーのテインセイン大統領と野田総理大臣との昨日の首脳会談で,25年ぶりの同国への円借款の再開が決定しました。これは先日の同国での国会補欠選挙で,民主化運動のリーダー,アウン・サン・スーチー女史が当選する結果を受けて,欧米各国が同国との関係改善に動くことに日本も素早く反応したとみられます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/22 21:44
北朝鮮の人工衛星
北朝鮮の人工衛星  前回まで続けてきたアメリカ合衆国の州地図切手はとりあえず終了ということで,今日は最近の話題から上の地図切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/14 23:13
ルイジアナ購入(2)
ルイジアナ購入(2)  前回同様ルイジアナ購入に関する地図切手です。今日の切手はアメリカ合衆国の発行のもので,1904年にセントルイスで開催されたルイジアナ購入博覧会を記念して発行されたセットのうちの1種です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/03 12:01
ルイジアナ購入
ルイジアナ購入  今日も前回同様,1976年にセイシェルから発行された,アメリカ合衆国200年を記念して発行された切手の1種で,歴史的事件のうち,今日の切手図案は1803年のルイジアナ購入を取りあげています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/27 15:20
アラスカ購入
アラスカ購入  アメリカの州地図切手,今日も前回に続いてアラスカ州です。上の切手はアメリカの切手ではなく,1976年にインド洋に浮かぶ島国セイセェルからアメリカ合衆国200年を記念して発行された切手の1種です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/18 17:16
アラスカ州
アラスカ州  アメリカ合衆国の州地図切手,今日は北へ飛んでカナダの領土をはさんで位置する,いわゆる飛び地州のアラスカ州です。上の切手は1959年にアラスカの州昇格を記念して発行された航空切手で,図案には北斗七星とともにアラスカ州の地図が描かれています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/11 18:27
ニュージャージー州
ニュージャージー州 アメリカ合衆国の州地図切手,今日は建国13州の一つニュージャージー州です。    上の切手は1964年にニュージャージー300年を記念して発行されたものですが,1964年の300年前すなわち1664年ということは当然アメリカ合衆国独立以前のことで,これまで紹介してきた州の切手のように,ニュージャージー州300年ではありません。この300年というのは,ニュージャージー植民300年ということになります。このニュージャージーの名前もイギリスの小島で独自の切手を発行しているジャージーに由来してい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/04 17:15
酪農州ウィスコンシン州
酪農州ウィスコンシン州  アメリカ合衆国の州地図切手,今日は五大湖沿岸州の一つウィスコンシン州です。上の切手は1948年に同州100年を記念して発行されたもので,図案には州会議事堂の建物と同州の地図が描かれています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/26 16:22
ウェストバージニア州
ウェストバージニア州  アメリカ合衆国の州地図切手,今日はウェストバージニア州です。上の切手は1963年に同州100年を記念して発行されたもので,切手図案には州議事堂とともに同州の地図が描かれています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/19 17:51
フロリダ州(2)
フロリダ州(2)  アメリカ合衆国の州地図,前回取りあげたフロリダ州ですが,切手図案の地図が紋章の中に描かれた古地図だったので,今日は現在の地図ということで,今回もフロリダ州の地図です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/12 21:23
フロリダ州
フロリダ州  アメリカ合衆国の州地図,今日は今週の1日に大統領共和党候補予備選挙が行われ,ロムニー氏が圧勝したフロリダ州です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/05 17:15
インディアナ州
インディアナ州  アメリカ合衆国の州地図,今日はインディアナ州です。同州は前回紹介したオハイオ州の西に隣接する州で,以前紹介したアイオワ州とともにコーンベルト(トウモロコシ地帯)の一角を占める州でもあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/29 15:20
美しい川オハイオ州
美しい川オハイオ州  アメリカ合衆国の州地図が続きますが,今日は五大湖の一つエリー湖の南側に位置するオハイオ州です。州南部を流れるオハイオ川とエリー湖が結合して水上交通が発達した結果,工業生産の飛躍的な伸びにつながり,今では全米有数の工業州になっています。    上の切手は1953年にオハイオ州150年を記念して発行された切手で,図案にはオハイオ州の地図が描かれていますが,南側の境界線がかなり複雑に曲がりながら続いています。これがオハイオ川の流路で南側の州との境界になっているわけです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/22 18:00
先住民の多いオクラホマ州
先住民の多いオクラホマ州  前回に続いてアメリカの州の地図切手ですが,今日はアメリカ合衆国中央部の平原地帯に位置するオクラホマ州です。上の切手は1957年にオクラホマ州50周年を記念して発行されたもので,図案には同州の地図が大きく描かれています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/17 17:40
コーン州
コーン州  本年はじめての更新になります。昨年度から更新間隔が長くなっていますが,本年もぼちぼちと続けていきますのでよろしく御願いします。    本年2012年は4年に一度の夏季オリンピックとアメリカ大統領選挙の年ということで,本年最初の地図切手はアメリカの地図切手です。上の切手は1946年に発行されたアイオワ州100年を記念する切手で,図案にはアイオワ州の地図と州旗が描かれています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/08 14:59
日本統治時代のフィリピン切手
日本統治時代のフィリピン切手   前回,アメリカ統治時代におけるフィリピンの地図切手を紹介しましたが,その記事の中でも書いたように第二次大戦中の1942〜1945年は日本が統治していました。 ということで,今日はその日本統治時代のフィリピンの地図切手ですが,上のカバーはその地図切手発行時の初日カバーです。左の2枚がその切手に該当しますが,1943年に日本統治下で発行されたバタアン・コレヒドール陥落1周年の記念切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/29 21:23
アメリカ統治下のフィリピン切手
アメリカ統治下のフィリピン切手  フィリピンの地図切手が続いていますが,今日の切手は1937年にマニラでの第33回キリスト教会議を記念して発行されたもので,図案はフィリピンの純地図切手という感じです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/24 21:48
フィリピン附加金付切手
フィリピン附加金付切手  前回スペイン人のフィリピン,セブ島への到達ルートを描いた地図切手を紹介しましたが,今日はそのフィリピンの地図が大きく描かれた切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/18 15:13
スペイン人のフィリピン進出
スペイン人のフィリピン進出 前回まではマゼラン一行の世界周航路を描いたルートマップを続けましたが,今日はその世界周航から40年と少し後にスペイン人が,マゼラン海峡を通らずメキシコ経由で太平洋を渡りフィリピンへ到達したルートを描く地図です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/13 22:25
エルカノ
エルカノ  前回マゼランの世界周航路のルートマップを紹介しましたが,その時にも書いたようにマゼラン自体はフィリピンで住民との争いに巻き込まれて死んでしまいます。したがって世界周航を成し遂げたのはマゼラン一行と書くのが正しいということになるかもしれません。    そこで今日は,マゼラン死後に世界周航を完成させてスペインへ帰還したビクトリア号の指揮官エルカノを描いた切手です。上の切手は1994年にノーフォーク島から発行された探検家シリーズの1種ですが,エルカノの肖像と航路を描いた地図が図案になっていま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/26 22:09
マゼランの世界周航路
マゼランの世界周航路  前回,マゼランの世界周航後に製作されたミュンスターの地図を紹介しましたが,今日はそのマゼランの世界周航路を描いたルートマップです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/20 16:54
古地図と衛星画像
古地図と衛星画像  久しぶりの更新ですが,今日も前回と同様,北キプロス・トルコ共和国の地図切手です。上の小型シートは同国から1983年に発行された同年のヨーロッパ切手で,キプロス島の古地図と衛星画像が図案の2連刷を収めています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/23 17:29
北キプロス・トルコ共和国
北キプロス・トルコ共和国  地図と新月を組み合わせたデザイン図案の切手が続きましたが,今日は戻ってイスラム色の強い新月と星をデザインにした国旗と地図が図案の切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/02 11:48
トルコ 強制附加金切手
トルコ 強制附加金切手  前回アフガニスタンの「赤新月」に対する強制附加金切手を紹介しましたが,今日ももう1枚ということで,同じくイスラム国家のトルコが発行した同様の切手です。   上の切手は1928年に発行された「赤新月」に対する強制附加金切手で,トルコの地図と赤新月がデザインのシンプルな図案の切手ですが,地図の方をよく見ると,トルコの河川や湖の分布がよくわかり,一種の水系図のような役割も果たしています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/26 11:20
アフガニスタン 強制附加金切手
 前回,イスラム国家の中で新月をデザインに取り入れた国旗の国をいくつか切手印面の中から紹介しましたが,今日の切手は,地図とイスラムの象徴である新月の組み合わさったデザインの切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/18 15:31
トルコ系とインド・イラン系
 先日来,北アフリカのイスラム教アラブ国家の地図切手を国旗を交えて紹介してきましたが,もちろんイスラム国家の全てがアラブ国家というわけではありません。    ということで今日取りあげたのが上の切手です。2007年にイランから2006年に開催された第3回経済協力機構郵便事業会議を記念して発行されたもので,加盟国10ヶ国の地図と国旗が描かれています。これらの国々は地図でわかるように連続した地域に分布していますが,実のところは地理的に分類すると西アジア,南アジア(パキスタンは現在のインドなどと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/10 21:24
モーリタニア
 先日紹介したアラブ・マグレブ連合加盟国のうち,モーリタニアをのぞく4ヶ国は地中海に面する国で,マグレブ(アラビア語で太陽の沈む「西」を表す。)諸国と通常呼ばれます(リビアを含めない場合もある)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/06 21:30
「新月と星」の国旗
 先日紹介したチュニジアの地図切手には国旗と同じデザインの新月と星も描かれていましたが,このデザインは砂漠が分布する国の多いイスラムの象徴ともいわれ,灼熱の昼の時間の暑さに対して,夜間の安息の時を表すシンボルとして,これを国旗にも採用しているイスラム国家が多いというわけです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/03 12:47
チュニジア独立年
 北アフリカの国々の地図切手を続けていますが,もう一国ということで,今日はチュニジアです。上の切手は1958年に同国から発行された独立3周年を記念する切手で,図案には同国の地図とその中央に国旗中央部と同じデザインの三日月と星が描かれています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/30 22:28
リビア国旗
 北アフリカの国々の地図切手を続けていますが,今日はカダフィ政権崩壊ということで,今話題のリビアの地図切手です。    上の切手は,1956年にリビアの国連加盟1周年を記念して発行されたもので,図案にはリビアの地図が描かれていますが,その中央に国連本部ビルをはさんで左側に国連旗,右側にリビア国旗も描かれています。(画像はクリックで拡大されます。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/26 21:47
西サハラの独立は
 先日紹介した南スーダンの独立に対して,いまだ住民投票が実施されず独立直前までいきながら独立できないのが西サハラです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/23 15:33
アフリカ最大の国アルジェリア
一昨日の最後は,スーダンに替わってアフリカ第1位の面積国になったのはどこ?という問いかけで終わりましたが,その答は北アフリカのアルジェリアということで,今日は上の地図切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/20 21:49
スーダンの国土
 先日来,スーダンがエジプトの支配下にあったと紹介しましたが,そのスーダンが結局イギリスとエジプトの2国統治から完全に独立するのは1956年のことです。ということで今日の切手は以前にも紹介したことのある切手の刷色,額面ちがいの切手になりますが,1990年に発行された独立34周年の切手です。    切手図案の地図は単色でシンプルなもので,かえって国土の形態がよくわかります。このスーダンは独立以来北部のアラブ系が政治の主導権を握り,南部の黒人勢力と対立してきましたが,ご承知のように先月南スー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/18 21:42
ムハンマド・アリー王朝
 一昨日紹介したように,エジプト革命によって1953年に王制が廃止されますが,その王朝はムハンマド・アリー朝ということで,今日はその王朝の基礎を築いたムハンマド・アリーの肖像も描かれた地図切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/15 22:14
ナイル川の蛇行(2)
 今日も,先日に続いてナイル川の蛇行する流路が描かれた地図切手ですが,これは古地図ではなく現代の地図です。    1978年にエジプトから発行された,7月23日革命(エジプト革命)26周年を記念する切手です。この革命は1952年にナセル率いる自由将校団がクーデターを起こした革命で,翌年エジプトは王制から共和制に移行することになります。    図案の地図はエジプトとスーダンの2国続きの地図になっていますが,革命当時の1952年,スーダンはイギリスとエジプトの2国による統治を受けている状... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/13 21:06
伊能図
 今日,私の地元の県で開催されている,伊能忠敬日本測量210周年記念「完全復元伊能図全国巡回フロア展」を訪れました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/27 23:15
ボン・コペンハーゲン宣言
 先日紹介した,ドイツのシュレスウィヒ-ホルシュタイン州は,北に続くデンマークとの国境沿いに位置し,その地理的位置からデンマークとの係争地になってきた歴史があると紹介しましたが,今日はその関連の切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/23 21:57
シュレスウィヒ-ホルシュタイン州
 先日紹介した,バルト海に面するドイツのメクレンブルク-フォアポンメルン州は旧東ドイツに属していましたが,旧西ドイツの方にも同じくバルト海に面した州が一つあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/19 21:49
メクレンブルク-フォアポンメルン州
 先日2回にわたり紹介した旧東ドイツのシリーズ切手の灯台はバルト海に面した海岸地域に位置するものですが,ドイツのバルト海に面する海岸線というのは限られた部分になり,2つの灯台とも同じ州に属しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/16 21:16
東ドイツ灯台(2)
 先日に続いて今日も旧東ドイツの灯台シリーズの切手をもう1枚取りあげますが,上の切手はDarber Ort灯台です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/11 21:48
東ドイツ灯台
 先日のエストニアの灯台シリーズの切手に続いては,同じバルト海に面した海岸の灯台ということで,ドイツの灯台切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/08 22:42
エストニア灯台(2)
 先日に続いてもう1枚,エストニアの灯台シリーズの切手で,実は先日の切手と2種セットで同時に発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/05 21:44
エストニア灯台
 今日も新着切手の紹介ですが,今年発行されたエストニアの灯台シリーズの1種ですが,このシリーズは地図切手の範疇にも入るもので私自身も気に入っているシリーズで,今まで数多くの切手が発行されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/02 21:37
ラテンアメリカ
 7月中旬から公私とも超多忙な毎日が続き,久しぶりの更新になってしまいました。何とか「超」は抜け出せそうですが,相変わらず多忙には変わりなく,今後も更新の回数が少なくなるかもしれませんが御了解下さい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/31 17:44
南米大陸国境
 ウルグアイ,ボリビアと大陸上での国の位置を示す地図が図案の切手を紹介してきましたが,それならばということで,南米大陸の国々の国境線を全て描いた地図切手の登場です。すなわち各国の位置と大きさがよくわかります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/13 21:01
ボリビア
 一昨日,ウルグアイの位置を示す地図を描いた切手を紹介しましたが,同じような感じで今日は,その前にチャコ戦争関連で取りあげていたボリビアの位置を示す地図が図案の切手を紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/11 21:39
ウルグアイ(2)
 一昨日,ウルグアイの切手を取りあげ,世界地図の中で同国の位置を示す地図が図案になっていることを紹介しましたが,もう少しはっきりとした位置ということで,今日は同じくウルグアイの切手から,南米大陸の中での同国の位置を示す地図が図案に示される切手を取りあげました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/09 21:21
ウルグアイ
 北部チャコ領有をめぐって激しく争ったチャコ戦争に関してボリビアとパラグアイの領有主張の地図切手を取りあげてきましたが,現在,激しい争いが続いているワールドカップサッカーもいよいよ佳境でで,準決勝ではこのパラグアイに近い国で,南米大陸で唯一残っていたウルグアイがオランダに惜しくも敗れました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/07 22:07
ボリビア
 先日まで,チャコ戦争に関する,チャコ地方の領有主張の地図切手をパラグアイ発行の切手で紹介してきましたが,もう一方の戦争当事国であるボリビアも負けじと戦争勃発前から,同様の領有主張切手を発行しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/05 21:31
パラグアイ(3)
 一昨日,パラグアイとボリビアのチャコ戦争に関連した,パラグアイの領有主張切手を紹介しましたが,今日ももう1枚ということで続けて取りあげます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/03 20:53
パラグアイ(2)
 ワールドカップサッカー,日本は残念ながらパラグアイにPK戦の末敗れましたが,そのパラグアイに関して先日紹介したチャコ戦争関連の地図切手を続けます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/01 21:34
パラグアイ
 ワールドカップサッカー,対デンマークに勝って決勝トーナメント進出を果たした日本,いよいよ明日はパラグアイと対戦ということになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/28 21:52
デンマーク古地図
 話が変わりますが,昨日のワールドカップサッカー,対デンマーク戦での勝利で,日本は決勝トーナメント進出を決めました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/26 21:30
シェンゲン協定
 国際機関の加盟国を示す切手が続きますが,今日は新着切手からということで,上の切手は昨年バルト3国の一つリトアニアから発行された,リトアニア1000年シリーズの第9次連刷シートの中の1種で,同国が2007年に加盟したシェンゲン協定の加盟国を示す地図が図案になっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/24 21:31
OECD
 一昨日,ECOの切手の記事の中で,関連として出たOECDの切手を今日は取りあげます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/22 22:02
ECO
 先日来,連続して取りあげたのが,経済協力機構郵政会議の同図案の切手でしたが,今日も続けてということでもう1枚です。今日の切手はこの経済協力機構(ECO)の正味の首脳会議の記念切手で図案は異なっています。しかし,その図案に加盟国の地図と同機構のロゴが描かれているのは同じです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/20 22:18
国名表記もれ
 一昨日と同じデザイン,すなわち第3回経済協力機構郵政会議を記念して発行された切手をもう1枚取りあげますが,今日の切手は同じ加盟国のうち,パキスタン発行分の切手です。ところが,切手印面のどこを見てもパキスタンの国名がありません。すなわち国名表記もれエラー切手ということになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/18 21:57
キルギスとウズベキスタン
 先日来,カタロニア図とマルコ=ポーロの関係から中央アジアに関することを紹介してきましたが,その中央アジアのキルギス南部で,キルギス系住民と少数派で隣国ウズベキスタンと同じウズベク系住民の大規模な衝突が起こって大きな問題になっています。    そこで今日取りあげたのは,この2国が同時に加盟する機構に関する地図切手で,2007年にトルコから第3回経済協力機構郵政会議を記念して発行されたものですが,図案には加盟10ヶ国の国旗と10ヶ国を色分けした地図が描かれています。    この10ヶ国... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/16 21:51
マルコ=ポーロ(2)
 カタロニア図とマルコ=ポーロの関連の話が続きますが,一昨日書いたように,カタロニア図には旅行するマルコ=ポーロの父と叔父の兄弟の姿が描かれており,その地図上での場所はテンシャン山脈の所に当たります。すなわち,シルクロードのルートということになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/14 21:34
マルコ=ポーロ
 今日もカタロニア図関連の話が続きますが,この地図は当時のフランス国王シャルル5世に献上するために製作されたものですが,現在もパリの国立図書館に所蔵されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/12 22:13
カタロニア図
 一昨日,リビアの切手の記事の中で,かつてアフリカに栄えたマリ帝国のことを紹介しましたが,その関連ということで今日は古地図切手を取りあげました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/06 21:38
黄金のアフリカ
 先日の示温インクに続いて特殊加工の切手ということで,今日はエンボス加工と金箔加工の組み合わせの切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/04 21:45
気候変動
 南極関連の切手が続きますが,今日の切手は英領南極地方から昨年発行された小型シートの切手部分です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/01 21:44
南極条約(2)
 前回に続いて南極条約50年を記念する切手をもう1枚ということで,今日の切手は,昨年ロシアから発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/30 15:40
南極条約
 一昨日に続いて周年記念の地図切手ですが,今日の切手は南極条約50年を記念して,昨年フランス領南極から発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/27 21:51
欧州評議会
 今日はヨーロッパ大陸に戻るという感じになりますが,上の切手は,昨年アルバニアから欧州評議会60年を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/25 21:48
ジャージー(4)
 今日も続いてもう1枚,ジャージーのコイル式セルフ糊地図切手シリーズからですが,上の切手は同島の衛星画像です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/23 21:41
ジャージー(3)
 今日も続いてジャージーのコイル式セルフ糊地図切手シリーズの1種ですが,上の切手は2000年版すなわち現代の地図が図案になっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/21 22:18
カナリア州
 今日も続いてもう1枚今年発行のスペインの州シリーズ切手帳からですが,とりあえずこのシリーズの紹介の最後として,本土から離れた諸島部の州であるカナリア州です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/09 22:35
バレンシア州
 さらに続いてスペインの州シリーズ切手帳ですが,今日の1枚は,前3枚とちがって,今年になって発行された切手帳の中から取りあげたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/07 21:53
バスク州
 今日も続いてスペインの州シリーズ切手帳の1種ですが,上の地図と州旗はバスク州です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/05 20:54
カタルーニャ州
 一昨日に続いてスペインの州シリーズ切手帳の1種ですが,今日は,一昨日のガリシア州とは逆に,地中海沿岸部のスペイン北東部に位置し,フランスと国境を接するカタルーニャ州です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/03 21:07
ガリシア州
 一昨日,スペイン州シリーズの切手帳を紹介しましたが,表紙だけだったので,今日はその中身の切手を取りあげます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/01 21:31
スペイン州区分
 ヨーロッパの新着切手,今日はスペインですが,ちょっと変わったところで切手帳を紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/29 21:30
ロンドン地下鉄路線図
 ヨーロッパの国が続きますが,今日は切手発祥の国イギリスです。上の切手は昨年,クラシックデザインをテーマにした10種連刷切手の一部です。このテーマの中に地図切手があるというのもユニークですが,地図の一種でもある鉄道路線図が描かれています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/27 21:21
ヴァチカン市国
 先日に続いてヨーロッパの国の小型シートですが,先日のルーマニア統一150年に対し,今日は成立80年のヴァチカン市国です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/25 12:06
ルーマニア統一
 しばらく続いた欧州小規模郵政連合加盟地域の切手はひとまず終えて,今日はその他の国へ戻りますが,一昨日紹介したオーランドの建国200年に対して,今日はルーマニア統一150年を記念して昨年発行された小型シートです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/22 21:41
オーランド
 今日も欧州小規模郵政連合加盟地域の切手ですが,一昨日のフェロー諸島同様,非独立地域の一つで,フィンランド領のオーランドです。このオーランド,スウェーデンとフィンランドの間,バルト海の奥ボスニア湾の入口に位置する6000を超える島からなる諸島ですが,実際に人間が居住しているのは約80の島です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/20 21:18
フェロー諸島
 リヒテンシュタイン,アイスランドに続いて欧州小規模郵政連合加盟地域の切手ですが,今日は非独立地域のフェロー諸島を取りあげます。同諸島はイギリスとアイスランドの間に位置する22の火山島からなるデンマーク領の諸島で,郵政は独立しており独自の切手を発行しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/18 21:58
アイスランド
 一昨日紹介したリヒテンシュタインの切手は,2007年に設立された欧州小規模郵政連合の共通テーマで発行されたうちの1種で,風景がテーマになっていたものでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/16 22:01
リヒテンシュタイン(2)
 一昨日に続いて今日も昨年発行のリヒテンシュタインの新着切手です。上の切手は小型シートのような大きさですが,実は連刷ペアで上部は耳紙という構成になっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/14 21:54
リヒテンシュタイン
 久しぶりに新着切手に戻りますが,上の切手は昨年,ヨーロッパアルプスの小国リヒテンシュタインから,郵趣協会75年を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/12 21:34
東南部アフリカ共同市場(3)
 今日もまたまた続いて東南部アフリカ共同市場の加盟国を示した地図切手です。上の切手は1995年にエリトリアから発行されたものですが,これまで紹介した切手の地図とちがって,加盟国を示すだけでなく,その国名も表記されているのでさらにわかりやすい地図になっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/10 21:05
東南部アフリカ共同市場(2)
 東南部アフリカ共同市場の加盟国を示した地図切手を2回連続で取りあげて,その加盟国の変遷を検証し,リビアが現在は新たに加盟していると書きましたが,さらに付け加えると,南西アフリカのナミビアが現在は加盟していないこともわかります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/08 21:18
東南部アフリカ共同市場
 一昨日に続いてもう1枚,今日も東南部アフリカ共同市場の切手です。一昨日の切手には同機構の加盟国がアフリカ地図の上に示されていましたが,今日の切手も同じような地図が描かれています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/06 21:30
ジブチの位置
 アフリカの地図切手を続けますが,今日の新着切手は(と言っても)2006年発行のジブチの切手で,同年にジプチで開催された東南部アフリカ共同市場(COMESA)の第11回サミットを記念して発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/04 21:38
リビアの位置
 今日も一昨日のガンビアに続いてアフリカの中で自国の位置が示された地図ですが,上の切手は一昨年にリビアから携帯電話サービス全土普及達成を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/02 21:31
ガンビアの位置
 一昨日紹介したガンビアのメソジスト教会会議を記念して発行された切手は2種の発行で,今日はもう1枚の方を続けて取りあげます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/31 22:52
ガンビア
 アンゴラに続いて今日は同じくアフリカの国からガンビアの切手です。上の切手は昨年,同国からメソジスト教会会議を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/29 21:30
アンゴラ
 一昨日に続いてもう1枚,アンゴラ発行のマングローブの切手ですが,今日は一昨日とくらべてマングローブを大きく写している図案の切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/27 21:36
マングローブ
 今日はどこに地図が描かれているの?という感じの地図切手です。上の切手は昨年アンゴラからマングローブをテーマに3種発行された切手のうちの1種です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/25 21:00
地球エンボス加工
 昨日の世界地図に続いて今日は地球ということで上の切手です。昨年,中東のクウェートからクウェート・ファイナンス・ハウス(イスラム系金融機関)をテーマに発行されたもので,額面ちがい3種類のうちの1種です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/22 21:30
フランス語圏
 小型シートがしばらく続きましたが,今日は単片切手に戻って,昨年エジプトから発行された世界地図が図案になっている切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/21 17:55
大運河
 今日も昨年発行の小型シートを取りあげますが,上の小型シートは中国から大運河をテーマに6種の切手とともに発行されたもので,シート地の下部にこの大運河のルートマップが描かれています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/16 21:39
ヨーロッパ
 昨年発行の新着切手,今日は小型シートを取りあげますが,上の小型シートはイタリアからヨーロッパの守護聖人をテーマに発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/12 21:13
ブラジル州区分
 一昨日のベネズエラに続いて,今日の新着切手も同じ南米の国の地図が描かれている切手を取りあげますが,上の切手は昨年ブラジルから教育ネットワーク100年を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/10 21:34
ベネズエラと凱旋門
 昨年発行の新着切手,今日は南米ベネズエラの地図が描かれている切手ですが,発行国はフランスです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/08 22:13
ネパール
 今日紹介する新着切手はネパールです。上の切手は昨年同国から発行された地図切手で,ヒマラヤ山脈を背景に中央に大きく同国の地図を,独特の形態の国旗と国章を小さく左右に描いたデザインになっており,これぞネパール切手という感じです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/06 21:47
アルジェリア
 一昨日イランの切手でペルシア文字が登場しましたが,そのペルシア文字はアラビア文字と同系統ということで,今日はアラビア文字の表記がある切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/04 20:58
ペルシア湾
 新着切手が続きますが,今日の切手はイランです。上の切手は昨年発行された同国の普通切手で,ペルシア湾周辺の地図が図案に描かれている純地図切手で,これまでにも同図案の刷色,額面ちがいの切手が数種類発行されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/02 22:15
国際腐敗防止デー
 今日も新着切手で,上の切手は2009年12月9日に台湾から,国際腐敗防止デーを記念して発行されたものです。こんな記念日があったことすら知らなかった私ですが,議員を含めた公務員の方々は当然知っているものと思います。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/28 22:29
地中海とオリーブ
 新着切手を続けますが,今日はフランスの切手で,2009年にEU・地中海諸国郵便会議を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/26 21:54
マデイラ島
 最近発行の地図切手を続けますが,ニュースで報じられているように,先日,マデイラ諸島の主島マデイラ島で記録的豪雨による大きな被害が発生しました。同諸島はアフリカモロッコ西方の大西洋上に位置するポルトガル領の諸島で,現在はリゾート地として知られる所ですが,独自の切手を発行しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/24 21:59
アゼルバイジャン
 一昨日に続いて新着切手を取りあげますが,今日はアゼルバイジャンの切手です。現在バンクーバー冬季オリンピックが開催中で,カーリング日本女子が予選リーグで健闘していますが,このカーリングは氷上のチェスとも呼ばれているということで,取りあげたのが上の小型シートです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/21 21:34
ラテンアメリカ統合連合(2)
 一昨日紹介したALADI(ラテンアメリカ統合連合)は,1980年のモンテビデオ条約の調印によって設立された機構で,その前身はLAFTA(ラテンアメリカ自由貿易連合)でした。このLAFTAの加盟国は11ヶ国で,同じ加盟国でALADIとして再スタートを切ることになりますが,1999年にキューバが加盟して12ヶ国の加盟となったわけです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/16 21:50
ラテンアメリカ統合連合
 一昨日メルコスールを紹介したのですが,これよりも少し範囲の広い地域国家機構として存在するのがALADI(ラテンアメリカ統合連合)です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/14 21:40
メルコスール
 カリブ海周辺地域の地域国家機構であるカリブ自由貿易連合(現カリブ共同体)を紹介してきましたが,今日は南米大陸の国々の国家機構です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/12 21:39
カリブ自由貿易連合(2)
 一昨日,カリブ自由貿易連合=CARIFTA(現カリブ共同体)の共同発行切手のうち,セントルイス発行分の切手を紹介しましたが,今日はもう1枚,国が変わって南米ガイアナ発行分の切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/10 21:28
カリブ自由貿易連合
 一昨日紹介したベリーズは中米で唯一の旧イギリス領の国ですが,カリブ海地域の島国には多くの旧イギリス領の国や現イギリス領の島が存在します。ということで,今日はそれら旧イギリス領の国々が加盟する国家機構を取りあげます。上の切手は1969年に加盟国から共同発行されたカリブ自由貿易連合結成1周年の記念切手のうち,セントルシア発行分の切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/08 22:08
ベリーズ
 一昨日の切手で取りあげた中米統合機構(SICA)は加盟国が現在7ヶ国(準加盟を加えて8ヶ国)あると紹介しましたが,その時も書いたように,中米7ヶ国のうちベリーズだけが2001年加盟新しい参加国です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/06 22:39
中米統合機構
 中米カリブ海地域の地図が続いていますが,ここで国家機構の話に戻ります。この地域における地域国家機構としてあげられるのが,今日紹介する中米統合機構(SICA)です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/04 22:06
中米・カリブ海(2)
 一昨日に続いて中米・カリブ海地域を描いた地図切手ですが,今日の切手はカリブ海周辺部だけを描いた拡大地図という感じです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/02 21:45
中米・カリブ海
 一昨日紹介したエルサルバドルの切手のアメリカ大陸の地図では,カリブ海東部の小アンティル諸島が描かれていませんでしたが,それではということで,今日は同じ地域を描いた地図切手で,小アンティル諸島もしっかり描いている地図切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/31 22:07
エルサルバドル
 一昨日,中米・カリブ海地域における国連の原加盟国がキューバ,ハイチ,ドミニカ共和国とエルサルバドルの4ヶ国と紹介しましたが,実はこれは間違いでお詫びし訂正します。他にもメキシコ,グアテマラ,ホンジュラス,ニカラグア,コスタリカ,パナマとあり21ヶ国中10ヶ国というのが正解です。これらの10ヶ国は当時この地域で独立していた国と一致するのですが,原加盟国が51ヶ国なので,この狭い地域の中に10ヶ国あるというのは驚きです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/29 21:59
キューバ
 イスパニョーラ島の地図が続きましたが,その西側に位置し,同じくコロンブスが第1回の航海で到達したのがキューバ島ということで,今日はキューバの地図切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/27 22:14
コロンブスの地図(2)
 一昨日に続いてコロンブス自筆の地図が描かれている切手ですが,今日はイスパニョーラ島を構成する2国のうちの一つドミニカ共和国発行の切手で,一昨日のギニアビサウとちがって,いわば本家の地図ということになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/25 21:48
コロンブスの地図
 一昨日,ハイチの国土すなわちイスパニョーラ島の地図が描かれた切手を紹介しましたが,今日も続けてそのイスパニョーラ島の地図です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/23 21:59
ハイチ
 一昨日に続いてハイチの地図切手ですが,今日の切手の図案はハイチの国土だけが描かれた純地図切手です。同国はカリブ海に浮かぶイスパニョーラ島の西3分の1を占める国で,東側はドミニカ共和国と接しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/21 21:41
米州機構
 先日来,アフリカ統一機構(現アフリカ連合)やアラブ連盟という国家機構の切手を紹介してきましたが,今日はアメリカ大陸へ移って同じく国家機構の地図切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/19 15:52
第1回テーマティク出品者の会切手展
 明日1月15日(金)〜17日(日)に目白の切手の博物館3階スペースで「第1回テーマティク出品者の会切手展」が開催されます。当方も「コロンブスと地図」というワンフレーム作品を出展しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/14 22:41
パレスチナ
 先日のアラブ連盟の切手を紹介した中で,パレスチナ自治政府も加盟していると書いたのですが,このパレスチナ自治政府は国連にもオブザーバーとして加盟しています。そして独自の切手も発行しているということで,今日はその切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/11 20:58
アラブ連盟(2)
 一昨日に続いてアラブ連盟ですが,上の切手は2005年にモロッコから同連盟60周年を記念して発行されたものです。一昨日のシリアの切手同様,加盟国を示す地図とマーク,そして国旗色のデザインの球が描かれたデザインになっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/09 21:46
アラブ連盟
 一昨日まで紹介してきたアフリカ統一機構(現アフリカ連合)は脱退したモロッコを以外の全アフリカ独立国と西サハラが加盟していますが,その中でモロッコを含めた(逆に西サハラをのぞく)北アフリカ諸国が全て加盟している国家機構にアラブ連盟があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/07 21:08
アフリカ統一機構(3)
 新年明けましておめでとうございます。ということで,今年もよろしく御願いいたします。記事の方は昨年度最後の続きになりますが,今日もアフリカ統一機構の地図切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/05 21:00
アフリカ統一機構(2)
 一昨日に続いてアフリカ統一機構の地図切手ですが,上の切手は1988年に同機構25周年を記念してモーリタニアから発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/29 21:27
アフリカ統一機構
 一昨日まで続けてきたアフリカ開発銀行,全アフリカ独立国が加盟している組織ですが,同じく全アフリカ的な国家機構としてアフリカ連合(AU)があります。今日はその前身であるアフリカ統一機構(OAU)に関する地図切手です ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/27 22:00
アフリカ開発銀行(5)
 今日も続けてアフリカ開発銀行の切手ですが,上の切手は1974年に同銀行10周年を記念して発行されたものです。見ておわかりのように,なかなか面白いデザインの地図切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/25 21:16
アフリカ開発銀行(4)
 3回連続でアフリカ開発銀行5周年の記念切手になりますが,今日はエジプト発行分です。アフリカ開発銀行のロゴマークは同様ですが,エジプトは旧フランス領ではないので前2回と共通図案ではありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/23 21:21
アフリカ開発銀行(3)
 今日も続いてアフリカ開発銀行の切手ですが,一昨日紹介した旧フランス植民地国の切手が共通図案ということで,同じ図案で刷色ちがいのモーリタニア発行分の切手を無目打切手で紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/21 21:19
アフリカ開発銀行(2)
 昨日に続いてアフリカ開発銀行の切手ですが,上の切手はコンゴ共和国から1969年に同銀行5周年を記念して発行されたものです。この切手は,旧フランス領の国々から共同発行ということで共通図案の切手になっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/19 20:54
アフリカ開発銀行
 先日はエチオピア発行のツェツェバエの分布図を描いたアフリカ地図切手を紹介しましたが,今日も続いてエチオピアから発行されたアフリカの地図が描かれた切手です。同国の切手は,国名表記が英語とともに公用語のアムハラ語の独特の文字で書かれています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/18 21:45
分布図(5)
 分布図を描く切手に戻りますが,今日は動物でも昆虫の分布を示す地図切手です。ただ昆虫といっても,どうしようもない害虫ですが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/15 21:33
シロハヤブサ
 一昨日,シロハヤブサの生息地を示す分布図が表紙に描かれた切手帳を紹介しましたが,中の切手は50クローナ4枚ということで高額切手が収められています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/13 22:13
分布図(4)
 分布図切手,一昨日のチンパンジーから今日は同じ動物でも鳥類に変わりますが,シロハヤブサの生息地を示す分布図です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/11 21:20
分布図(3)
 分布図を描く切手,一昨日は森林の分布図でアフリカの熱帯林が減少していると書いたのですが,今日はその影響を受けているはずの動物の分布図ということで,上の切手は1998年キューバ発行のチンパンジー切手の1種です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/09 22:29
分布図(2)
 一昨日に続いて今日も1989年にソ連から発行された環境保護シリーズ切手の1種です。テーマは森林保護ということでタイガの針葉樹林帯の図案に加えてタブに世界の森林分布を示す地図が描かれています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/07 22:37
分布図
 言語分布の地図が続きましたが,今日からはさらに他の各種分布図を取りあげたいと思います。まず,今日は世界の砂漠の分布を示した地図です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/05 20:44
言語地図(4)
 今日も続いて言語地図ですが,場所は変わってアフリカです。上の切手は1972年にガンビアからロンドンで開催された国際マンディンゴ学会を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/03 21:24
言語地図(3)
 先日のフィンランドに続いて今日はインドの言語地図です。上の切手は1998年に中米のニカラグアからインド独立50年を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/02 21:08
言語地図(2)
 一昨日,フィンランドの言語地図が描かれた切手を紹介し,その色分けで示された言語分布の詳細が切手図案ではわからないと書きました。そこで今日は,切手図案の言語分布の説明が記された地図ということで,同切手のFDC(初日カバー)を取りあげました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/29 21:03
言語地図
 一昨日,地勢図が図案の切手を取りあげて,カナダのナショナルアトラスの刊行が世界で2番目であると紹介しましたが,それでは最初の国はということになるのですが,その国は北欧のフィンランドで,1899年のことです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/11/27 22:04
地勢図
 しばらく地質図が続きましたが,今日は地勢図です。地勢図というのは地表の起伏の状態をおおまかに示した地図のことですが,起伏の表現には色分け以外にも各種表現法を併用する場合があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/25 21:16
地質図(3)
 今日も地質図が続きますが,上の切手は1995年にアイルランドから地質調査150年を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/23 20:26
地質図(2)
 一昨日に続いて地質図ですが,今日はスペインの地質図です。上の小型シートは2003年に同国の鉱山・地質協会による全国地質図の完成を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/21 22:13
地質図
 一昨日紹介したナショナルアトラス,その例としてロシアの切手を取りあげましたが,切手図案に描かれたナショナルアトラスの中には一般図とともに,各分野の主題図が収められているわけです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/19 21:28
ナショナルアトラス
 ここしばらく,オランダ全盛時代に製作された近代地図帳についての話が続きましたが,今日はそれらに対して現代版の大アトラスとも言うべきナショナルアトラスを取りあげます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/17 21:55
ブラウ
 昨日メルカトル・ホンディウス版アトラスを紹介しましたが,この後に登場するのがブラウ家で,アムステルダムに印刷工場を作り,地図出版事業を展開します。ということで,今日はそのブラウの地図帳に載っている地図を描いた切手を取りあげることにします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/15 16:18
メルカトル・ホンディウス版アトラス
 先日紹介したように,メルカトルの「アトラス」原図の銅版を購入したホンディウスが新しく新図を加えてメルカトル・ホンディウス版アトラスを出版しますが,今日はその中の地図です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/14 22:23
メルカトルとホンディウス
 先日,オルテリウス,メルカトルとホンディウスがほぼ同時代の地図製作者ということを紹介しましたが,そのうちメルカトルとホンディウスの共通点として地球儀も製作していたことがあげられます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/11 22:22
マゼラン世界周航
 昨日ドレークの世界周航路を書き入れたホンディウスの地図を取りあげましたが,それではということで,今日はドレークより早く世界周航を初めて成し遂げたマゼラン隊の周航路が示された地図を紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/08 15:51
ホンディウス
 メルカトルはオルテリウスとほぼ同時代の人物と先日紹介しましたが,もう一人同時代の有名な地図学者にホンディウスがいます。ということで,今日はそのホンディウスの世界地図ですが,上の小型シートは1980年に英領バージン諸島からドレークの世界周航400年を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/07 22:18
アトラス
 一昨日紹介した1595年完成のメルカトルの地図帳はアトラスの表題が付けられ,以来,地図帳はアトラスの名称で広がっていきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/05 22:09
メルカトル(4)
 再びメルカトルに戻ります。ということで,初の近代的地図帳を完成させたのは以前にも書いたようにオルテリウスですが,このメルカトルも地図帳編纂の計画を持っていました。他の地図製作者の原図を利用したオルテリウスとちがって,メルカトルは集めた地図や資料をもとに自身の手で地図を作図し直したために時間を費やし,ヨーロッパ各地域の地図を出版したものの,地図帳の完成には至りませんでした。その完成は没年の1594年の翌年に遺志をついだ息子によってなされます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/03 21:35
メルカトル(3)
 地図学者メルカトルを描いた切手を続けましたが,今日はそのメルカトルが1569年に発表した有名な世界地図の一部が図案の切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/28 21:30
メルカトル(2)
  一昨日に続いて今日もメルカトルの肖像を描いた切手です。このメルカトル,メルカトル図法の考案者,すなわち地図学者としてあまりにも有名ですが,1569年の世界図製作より以前の1541年に地球儀も製作しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/26 21:57
メルカトル
 一昨日,「世界の舞台」を刊行したオルテリウスと地図学者メルカトルが同世代で交友があったことを紹介しましたが,今日はオルテリウスに続いてメルカトルの登場です。上の切手は一昨日のオルテリウスの切手と同じシリーズの1種で,1942年ベルギー発行の結核予防付加金付切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/24 21:40
オルテリウス
 オルテリウスの地図帳「世界の舞台」所収の地図を図案にした切手を続けてきましたが,今日は最後として,そのオルテリウス本人に登場していただきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/22 21:27
オルテリウスの地図帳(8)
 オルテリウスの地図帳「世界の舞台」が続きますが,今日はちょっと変わったところで,多くの島が個別に描かれている地図が図案の小型シートですが,キプロスから1974年に第2回国際キプロス学会を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/19 21:19
オルテリウスの地図帳(7)
 オルテリウスの地図帳「世界の舞台」,今日は日本が大きく描かれた地図です。上の切手は2008年の日本切手で,第3次世界遺産シリーズ第4集の「石見銀山遺跡とその文化的景観」の1種です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/18 21:24
オルテリウスの地図帳(6)
 オルテリウスの地図帳「世界の舞台」,今日はキューバ島です。上の切手は,キューバから1973年に発行された地図シリーズの1種で,1572年版に含まれるキューバ付近の地図が描かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/16 21:36
オルテリウスの地図帳(5)
 オルテリウスの地図帳「世界の舞台」,今日は1570年の初版のアフリカ図です。上の切手は,南アフリカ共和国のバンツースタン計画にもとづいて設置された国家のひとつ,ボフタツワナから1993年に発行されたアフリカの古地図シリーズの1種です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/14 21:17
オルテリウスの地図帳(4)
 一昨日の小型シートの続きですが,その切手部分を切り取り,小型シートと同図案の絵葉書の上に貼り付けて記念印を押した郵趣品,すなわちマキシマムカードを今日は紹介します。上はその切手と記念印の部分ですが,あらためて切手をよく見ると,中央上部がアイスランド,その北に大きく広がるのがグリーンランドです。そしてアイスランドの南に描かれているのが先日書いたように伝説の島フリースランド島になります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/12 21:19
オルテリウスの地図帳(3)
 オルテリウスの「世界の舞台」収蔵の地図を描いた切手,今日は一昨日紹介したものと同じ北方地域図ですが,1570年の初版のものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/10 22:12
オルテリウスの地図帳(2)
 初の近代的地図帳であるオルテリウスの「世界の舞台」収蔵の地図が図案の切手を続けて紹介しましたが,今日もさらに続けてということで,上の切手は1975年にデンマーク領フェロー諸島から発行された古地図切手の1種で,「世界の舞台」1573年版の北方地域図が図案になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/08 21:36
オルテリウスの地図帳
 一昨日のデンマークの切手は,1570年製作の初の近代的地図帳であるオルテリウスの「世界の舞台」の1図と紹介しましたが,今日はその「世界の舞台」70図の巻頭を飾る世界全図が描かれた小型シートです。このシートはスペインから2000年に,スペイン国王カール1世(神聖ローマ帝国皇帝カール5世)生誕500年を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/06 20:58
デンマーク古地図
 話がまた変わりますが,昨日,2016年夏季オリンピック開催地がリオデジャネイロに決定しました。この開催地を決定するIOC総会が開かれたのがデンマークの首都コペンハーゲンで,日米両首脳もプレゼンテーションに参加するという,一大イベントショーの様相を呈していました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/04 21:37
サモア諸島
 サモア大地震に関連して紹介した一昨日のサモアの地図切手は,西サモア(現サモア独立国)の島しか描かれていませんでしたが,その時にも書いたようにサモア諸島にはその東側にアメリカ領サモアの島々が分布します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/02 21:08
サモア
 突然話が変わりますが,日本時間の今日早朝,太平洋のサモア諸島の南方を震源とするM8の大地震が発生し,津波などによる被害状況が心配されます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/30 21:51
ボカシ
 イギリスの地形図切手が続きましたが,その中でケバや等高線といった起伏表現が使用されていました。地形の起伏を表す方法としては,その他にボカシという表現法があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/28 21:21
地形図記号
 今日も続いて1991年イギリス発行の陸地測量局設立200年記念のシリーズの1種ですが,図案の地図はさらに新しく1959年製作のものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/26 21:28
ケバと等高線
 連休が終わって再びケバを用いた地図切手の紹介ですが,前回紹介したイギリスの1インチ1マイル地図とまったく同じ場所を描いた地図が図案になっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/24 21:20
ケバ(3)
 今日は再び起伏表現にケバを用いた地図に戻りますが,上の切手は1991年にイギリスから陸軍陸地測量局設立200年を記念して発行された地図切手の1種です。図案の地図は1816年に同測量局が製作した,1インチ1マイル(6万3360分の1)地図の一部で,丘陵地帯がケバを用いて表現されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/19 21:39
パラナ川デルタ
 一昨日,アルゼンチン,エントレ・リオス州の地図を描いた官製葉書を紹介しましたが,その時にも書いたように,平原州のこの地図では起伏を表現するケバよりも,むしろ湿地帯の表現の方が目立ちます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/17 21:02
ケバ(2)
 先日のアルゼンチン,サンファン州の地図を描いた官製葉書に続いて,今日も同じシリーズの葉書ですが,先日のサンファン州がアンデス山麓に位置するのに対して,今日の官製葉書の地図は東部ウルグアイとの国境に位置する平原の州,エントレ・リオス州です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/15 21:25
アコンカグア
 一昨日紹介したアルゼンチンの官製葉書に描かれたサンファン州の地図は,そのときも書いたように,縮尺の小さい地図のため,傾斜の著しい所だけにケバを用いる毛虫のような簡略的なケバ式表現で山地を描いた地図になっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/13 21:17
ケバ
 ラトビアの地形図切手が続きましたが,一昨日紹介した切手の地形図には等高線が描かれていました。この等高線,現在の地形図では日本も含めて起伏表現の定番になっていますが,地形図に最初に使われたのは19世紀の初めで,本格的に広く採用されるのは19世紀の後半からです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/11 21:10
ラトビア1番切手(2)
 今日も続いてラトビアの地形図切手ですが,上の切手は1番切手の無目打切手です。先日紹介したのとはちがって,地形図の図幅の周囲余白部があり,地図の端の部分に当たります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/09 22:00
ラトビア2番切手
 一昨日,ドイツ軍が残した地形図の裏に印刷したラトビアの1番切手を紹介しましたが,今日は同国の2番切手です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/07 20:47
ラトビア1番切手
 一昨日に地形図切手を紹介したポーランドは,ドイツとロシアという二つの強国の間に位置したため,二度の大戦を通じて両国の領土獲争いに巻き込まれますが,それと同様の歴史的経緯を持つのがバルト3国です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/05 21:10
ワルシャワの地形図
 一昨日のクラクフに続いて,今日も同じポーランドの都市ですが,首都ワルシャワの市街地が描かれた地図切手です。上の切手はポーランドから1982年に世界地図製作会議を記念して発行された切手の1種で,1839年に当時のポーランド陸軍により製作されたワルシャワ市街地を含む地形図が図案になっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/03 21:13
プラン(3)
 今日も続いて市街地図のプランですが,再びヨーロッパへ戻って,ポーランドのクラクフの市街地図です。同市の中心市街地の道路網を描いたシンプルな地図が図案になった無目打切手を組み込んだ小型シートです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/01 21:47
プラン(2)
 一昨日のベルリンに続いて市街地図のプランですが,今日取りあげたのは,アルゼンチンはブエノスアイレス州の州都ラプラタ市です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/30 22:06
ベルリンのプラン
 一昨日は都市の形態を描く地図切手をまとめたリーフを紹介しましたが,各切手図案に描かれたような縮尺の大きい市街地図は,英語ではmapの語は使わず,planという語を使うのが普通です。今日はそのような都市地図すなわちプランを描いた切手ということで,一昨日のリーフにはなかったものを取りあげました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/28 21:46
都市の形態
 都市鳥瞰図が図案の切手をしばらく続けてきましたが,都市の形態が非常にわかりやすいこの鳥瞰図,その視点によっては,建物などにかくれて道路網が一部見えません。都市の道路形態を全て把握するには,やはり平面地図の方がすぐれているということになります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/26 20:57
都市鳥瞰図(8)
 一昨日,モナコの鳥瞰図を紹介しましたが,今日も続いて同じモナコを取りあげます。上は1987年に発行された切手帳の一部で,表紙にモナコの鳥瞰図が描かれています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/08/24 21:40
都市鳥瞰図(7)
 海岸沿いの都市の鳥瞰図,先日のベネチアから西へ進んで今日は地中海沿岸のモナコです。そしてこれも先日同様小型シートの田が田型連刷切手になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/22 21:59
都市鳥瞰図(6)
 都市の鳥瞰図,川の流れる都市を続けてきましたが,今日は視点を変えて,海岸沿いの都市を取りあげました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/20 21:01
都市鳥瞰図(5)
 川の流れる街の風景という感じで,都市鳥瞰図の図案が取りあげていますが,今日も続いてもう1枚ということで,先日紹介したブダペスト同様ドナウ川の流れる街,オーストリアの首都ウィーンです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/18 22:00
都市鳥瞰図(4)
 川の両岸に街並みが発達した都市の鳥瞰図を取りあげてきましたが,今日は川中島が町の起源となった都市,フランスのパリの鳥瞰図が図案の切手を取りあげました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/16 21:24
都市鳥瞰図(3)
 今日も続いて都市の鳥瞰図ですが,前2回と同様,川の両岸に街並みが広がる都市です。さてどこでしょうかということになりますが,上の切手は1967年にチェコスロバキアから,国際観光年を記念して発行された切手のプルーフ(試刷)です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/13 21:30
都市鳥瞰図(2)
 一昨日に続いて都市の鳥瞰図が図案の小型シートですが,今日は同じ東欧のハンガリーの首都ブダペストです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/11 20:49
都市鳥瞰図
 しばらく映画「劔岳 点の記」の話が続きましたが,再びその前に紹介していた鳥瞰図に戻ります。先日は現代版モデル都市の鳥瞰図を取りあげましたが,今日はクラシックな都市の鳥瞰図です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/09 22:26
「劔岳 点の記」 と 三角測量(3)
 今日も,映画「劔岳 点の記」の話が続きますが,原作『劔岳 点の記』(新田次郎:文春文庫)によると,「点の記」というのは三角点設置の記録で,一等〜三等三角点について覘標やぐら建設の年月日やその設置者の人名,測量観測の年月日や人名,三角点設置場所の選定者の人名,三角点に至る道順などが記録されており,現在は国土地理院に保存されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/05 21:37
「劔岳 点の記」 と 三角測量(2)
 昨日の続きになりますが,映画「劔岳 点の記」中で登場した測量用具の中に,正確な位置(緯度・経度)を測量するための経緯儀もありました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/03 23:24
「劔岳 点の記」 と 三角測量
 話が変わりますが,先日,現在公開中の映画「劔岳 点の記」を見ました。この映画は1907年(明治40年)に日本で三角点網が完成していなかった立山連峰劔岳周辺の地形図空白地帯を完成すべく,当時の地形図製作機関であった,陸軍陸地測量部の測量士が未踏の山である劔岳に登頂し三角点の設置をめざす話で,山岳小説家として名高い新田次郎の原作を映画化したものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/02 21:54
鳥瞰図(5)
 鳥瞰図を描いた切手を色々取りあげてきましたが,今日も最後にもう1枚ということで,今までとは雰囲気のちがう鳥瞰図の切手です。  上の切手は1967年にアメリカから都市計画家会議開催を記念して発行されたもので,都市計画のモデル都市が3D表現の立体感あふれる図案で示されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/31 21:11
鳥瞰図(4)
 今日も一昨日に続いて日本の地域を描いた鳥瞰図が図案の切手を取りあげますが,上の切手は1963年に発行された沖縄切手で,沖縄本島一周道路完成を記念したものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/28 21:57
鳥瞰図(3)
 鳥瞰図を描いた切手が続きますが,今日は日本切手を取りあげました。上の切手は1987年に木曽三川近代治水100年を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/26 21:39
鳥瞰図(2)
 今日も続いて鳥瞰図ですが,上の切手は1956年にポルトガル領インドからポルトガル植民450年を記念して発行された切手の一種で,17世紀にポルトガル人によって書かれた手稿の都市図が描かれています。同記念の切手にはいくつかの都市図が図案になっているのですが,今日取りあげているのは,そのうちのムンバイ(旧ボンベイ)を描いたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/24 21:35
鳥瞰図
 一昨日までのマカオで,長く続けてきた,独自の切手を発行している非独立地域の地図切手の紹介は終了ということで,今日からは何がしかの地図切手をぼちぼち取りあげながら,図案の地図を読んでいくというスタイルでしばらくはいこうと思っていますので,引き続きよろしく御願いします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/22 21:38
マカオ(2)
 今日も続いてマカオですが,上の切手は一昨日紹介した切手と同時に発行された1982年の地図切手で,マカオの鳥瞰図が図案になっています。マカオは図案の地図でわかるように,マカオ半島と南に連なる2つの島からなっています。よく見ると,北側がタイパ島,南側がコロアン島と島名が記されています。そしてその両島を本土と結ぶつける橋が架けられているのがわかります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/20 21:02
マカオ
 一昨日のホンコンに続いて今日はマカオですが,このマカオはホンコンより遅れて1999年に中国に返還されました。返還後もホンコンと同様に特別行政区の位置づけで,切手も同じく独自の発行が続いており,中國香港,中國澳門の表記があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/18 21:18
ホンコン
 非独立地域で独自の切手を発行している地域,最後に残ったのがアジア地域ということで,ご存知,現在中国に返還されたホンコンとマカオになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/16 21:53
非独立地域
 いつのまにか,本年も半分以上が過ぎ去っているのですが,ふり返ってみると,本年1月からずっと当ブログでは,独自の切手を発行している世界の非独立地域の地図切手を取りあげてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/14 21:18
アルバ(2)
 今日も続いてアルバですが,今日の切手はアメリカ大陸の中でのアルバの位置を示す地図とともに,アルバ島だけの地図も描いた地図切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/12 21:32
アルバ
 一昨日までオランダ領アンティル諸島が続きましたが,今日はその同諸島から1986年に行政的に独立し,独自の切手を発行しているアルバです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/10 21:29
オランダ領アンティル諸島(5)
 今日は一昨日に続いてアルバ島も含めて描いた地図切手ですが,オランダ領アンティル諸島の南部諸島の3つの島を同時に,しかもその位置関係がわかるように描いた地図が図案になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/08 21:17
オランダ領アンティル諸島(4)
 今日もオランダ領アンティル諸島ですが,先日も書いたように。現在,同諸島のうちの南部群島グループ3島から,アルバ島だけが行政的に分離して独自のオランダ領になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/06 21:00
オランダ領アンティル諸島(3)
 今日もオランダ領アンティル諸島の小型シートの切手ですが,一昨日紹介したキュラソー島とボネール島に対して,上の切手は北部の3つの島が描かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/04 20:29
オランダ領アンティル諸島(2)
 一昨日に続いてオランダ領アンティル諸島ですが,一昨日紹介したのはオランダ領アンティルを含むカリブ海地域全体を描いた地図切手で,小型シートの中の1枚でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/02 21:24
オランダ領アンティル諸島
 カリブ海地域小アンティル諸島の非独立地域,今日からはオランダ領アンティル諸島です。同諸島は6つの島からなりますが,南北2つのグループに分かれます。先日まで紹介してきたアンギラの近くにセントマルティン,サバ,セントエウスタティウスの3島,そしてずっと南方,南米ベネズエラの北部沖合にアルバ,ボネール,キュラソーのABC3島があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/30 20:41
アンギラ(4)
 イギリス領アンギラが続きますが,このアンギラは主島のアンギラ島以外に属島が多く分布しており,いずれも主島同様に石灰岩質の小島です。上の切手は1979年に発行された,それら属島シリーズの6種を組み入れた小型シートです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/28 21:13
補足地図
 一昨日のアンギラ切手に関する補足ですが,紹介したのは1995年にカリブ開発銀行25年を記念して発行された連刷切手でした。アンギラの地図が描かれた切手の方に目がいくのですが,もう一方の切手にも丸い地図が描かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/25 21:15
アンギラ(3)
 今日も続いてイギリス領アンギラですが,今日は前2回とはちがって,現在の地図が描かれた地図切手です。上の切手は1995年にカリブ開発銀行25年を記念して発行された連刷切手ですが,一方の切手に同島の地図が道路網とともに描かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/23 21:13
アンギラ(2)
 今日もイギリス領のアンギラですが,上の切手は先日紹介した切手同様1972年発行の古地図シリーズの1種になります。額面刷色ちがいの切手ということになりますが,描かれている地図も先日の切手よりさらに古い1775年製作の地図が図案になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/21 16:20
アンギラ
 先日のモントセラトに続いて,今日はその北方に位置する同じイギリス領のアンギラです。さらに言えば,その前に紹介した英領バージン諸島の東方という位置になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/17 20:11
モントセラト
 英領バージン諸島に続いて,今日は同じくイギリス領で小アンティル諸島の中に位置するモントセラトを取りあげます。経緯度的にはバージン諸島より少し南東側に位置しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/15 16:22
英領バージン諸島(5)
 英領バージン諸島には主島が4島ありますが,今日はその最後の4つ目ということで,すでに紹介した他の3つの島より少し北に位置するアネガダ島です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/13 20:33
英領バージン諸島(4)
 連日,英領バージン諸島の主島を紹介していますが,今日はバージンゴルダ,トルトラ両島の西側に位置する,主島4島の中では最も小さいジョストバンダイク島です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/11 20:50
英領バージン諸島(3)
 英領バージン諸島,今日は一昨日のトルトラ島の東に位置するバージンゴルダ島です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/09 20:52
英領バージン諸島(2)
 一昨日に続いて英領バージン諸島ですが,英領の同諸島の主な島は4つで,それらを順次紹介したいと思います。今日取りあげた上の切手は,4主島のうちでも最も中心的な島のトルトラ島で,1956年に発行された風景などを描いた普通切手シリーズの1種です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/07 21:24
英領バージン諸島
 タークス・カイコス諸島,ケイマン諸島に続いてイギリス領の諸島ですが,今日は小アンティル諸島北部に位置するイギリス領バージン諸島です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/05 21:33
ケイマン諸島(2)
 一昨日に続いてケイマン諸島ですが,上の切手は,1962年に発行された風景などを描いた普通切手シリーズの1種で,一昨日のジョージ6世に代わってエリザベス2世の肖像と同諸島の地図という図案になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/03 21:26
ケイマン諸島
 西インド諸島の非独立地域,今日はその西部に位置するイギリス領ケイマン諸島です。上の切手は,1950年に発行された風景などを描いた普通切手シリーズの1種で,先日取りあげたタークス・カイコス諸島と同じくジョージ6世の肖像と諸島の地図という図案になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/01 21:31
タークス・カイコス諸島(2)
 今日も一昨日に続いてタークス・カイコス諸島ですが,上の切手は1974年にUPU(万国郵便連合)100年を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/30 21:27
タークス・カイコス諸島
 大西洋で現在も独自で切手を発行している非独立地域は,先日紹介したサンピエール・ミクロンやバミューダよりさらに南下して,カリブ海地域に多く存在します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/28 21:39
サンピエール・ミクロン(3)
 今日でサンピエール・ミクロン3回目の登場ですが,砂州で繋がった独特のミクロン島の形態がすっかり頭に入った頃でしょう? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/26 21:21
サンピエール・ミクロン(2)
 今日も続いてフランス領サンピエール・ミクロンですが,一昨日の地図切手ではこのサンピエール・ミクロンの北米における位置がわかりませんでしたが,今日の切手はそれを示す地図切手を取りあげました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/24 17:02
サンピエール・ミクロン
 一昨日までのバミューダから北上して,今日は北米東岸沿いのフランス領サンピエール・ミクロンです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/22 21:32
バミューダ(2)
 一昨日に続きバミューダですが,今日も同じく1979年発行の古地図シリーズの1枚です。上の切手の古地図は,一昨日の切手図案の1626年の地図より少し時代が進んだ1685年に製作された地図です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/20 21:01
バミューダ
 非独立地域の地図切手,再び最初の方で取りあげていた大西洋へ戻りますが,今日取りあげるのはアメリカの東方に浮かぶ,謎のバミューダ海域で知られるイギリス領バミューダ諸島です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/18 21:06
ニウアフォーワ
 非独立地域の地図切手ということで,南極地方を含めてインド洋から太平洋地域にかけての島を中心に紹介してきましたが,太平洋で最後にもう一つ,トンガの離島ニウアフォーワです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/16 22:24
豪領南極地方
 英領南極に続いて,今日は豪領南極の地図切手です。上の切手は2002年に発行された豪領南極の観測基地を紹介する切手で,田型4連刷のそれぞれの切手に南極におけるオーストラリアの4つの基地の位置を示す地図が描かれています。図案の地図でわかるように,正確には南極大陸にモーソン,デービス,ケーシーの3基地,オーストラリアと南極の間に浮かぶマックォーリー島に1つということになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/14 21:45
英領南極地方(2)
 一昨日に続いて英領南極地方ですが,今日はちょっと変わった地図切手です。現在の南極を中心に描いた地図ですが,現在の地図ではないことがすぐわかります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/12 21:11
英領南極地方
 先日,フランス領南極地方の最後に,南極大陸の中でフランスが領有を主張する地域を描いた地図切手を紹介しましたが,同じように南極大陸領有主張切手を発行している国のうち,フランス領南極と同様,非独立地域として切手を発行している特別な行政地域としては,英領南極,豪領南極,ロス海属領(ニュージーランド)があげられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/10 21:21
氷河消失実験
 一昨日の記事の中で,南極条約の事を書きましたが,それに関連して今日はちょっと横道にそれて,今年に入って世界各国から発行されている,極地保護をテーマにした切手を取りあげます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/08 21:36
仏領南極地方(4)
 先日来紹介しているフランス領南極地方は,一昨日も書いたように実際には仏領南方諸島とフランスが領有を主張する南極大陸の一部から成っているわけですが,今日はそのうち,南極大陸を描いた地図切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/06 21:11
仏領南極地方(3)
 インド洋南部に浮かぶ仏領南極地方の島のうち,クロゼ諸島とケルゲレン諸島を紹介しましたが,今日はもう一つ,それらの島々からもう少し北に位置するアムステルダム島を取りあげます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/04 21:46
仏領南極地方(補足)
 仏領南極地方のクロゼ諸島とケルゲレン諸島を続けて紹介しましたが,今日はその両諸島の位置関係がよくわかる地図切手です。上の切手は,1972年にフランスからクロゼ,ケルゲレン発見200年を記念して発行されたものです。現在,非独立地域の地図切手を紹介しているという観点からは,フランス本国から発行された切手ということで補足扱いで取りあげました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/02 21:44
仏領南極地方(2)
 一昨日のピノウィン島のあるクロゼ諸島からさらに南極へ近づいて,今日紹介するのは同じ仏領南極地方に属するケルゲレン諸島です。残念ながら切手図案には経緯線が示されていないのですが,同諸島は東経70度,南緯50度付近に位置し,数多くの島からなっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/30 21:40
仏領南極地方
 スタンプショウ関連の記事が続きましたが,再び非独立地域の地図切手に戻ります。先日は太平洋のフランス領の島々を紹介してきましたが,今日はインド洋のフランス領の島々です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/28 21:33
トケラウ諸島(2)
 今日も続いてトケラウ諸島ですが,同諸島を形成する3つの環礁のうち,先日のファカオファに次いで今日取りあげたのはヌクノノ環礁です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/18 20:49
トケラウ諸島
 一昨日のニウエから北西へ進んで今日も同じくニュージーらンド領のトケラウ諸島です。同諸島は3つの環礁からなっていますが,合わせても10平方km程しかありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/15 21:42
ニウエ
 一昨日紹介したクック諸島のアイツタキ島から西へ進んで,今日は同じくニュージーランド自治領のニウエです。地名事典などでは多くの場合,トンガ諸島の東方という説明が書かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/13 21:32
クック諸島(2)
 一昨日に続いてクック諸島ですが,同諸島はその時にも紹介したように,北部諸島と南部諸島に分かれます。一番中心的な島,すなわち主島は南部諸島のラロトンガ島ですが,その次にランクされるのが同じ南部諸島のアイツタキ島です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/11 21:15
クック諸島
 先日紹介したように,フランス領ポリネシアのタヒチ島はイギリスの探検家クックと関連が深い島でしたが,そのクックはタヒチ島にとどまらず,3回の航海で,太平洋の地理を明らかにし,未知の南方大陸の存在を否定するなどの偉業を成し遂げますが,その中で数多くの島に到達し,地図も製作します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/09 21:35
仏領ポリネシア(2)
 今日も続いてフランス領ポリネシアですが,一昨日紹介したタヒチ島のあるソシエテ島から南方に位置するトゥブアイ諸島の一つラパ島の地図切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/07 21:23
仏領ポリネシア
 ニューカレドニア,ワリス・フツナに続いて今日はフランス領ポリネシアです。同地域はワリス・フツナからさらに東へ進んだ南太平洋に位置しますが,タヒチ島のあるソシエテ諸島を中心に多くの島々から構成されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/05 21:40
ワリス・フツナ(3)
 今日もさらに続いてワリス・フツナですが,上の切手は2008年に地図プロジェクトを記念して発行された連刷切手です。左側の切手がフツナ島とアロフィー島,右側の切手がエヴァ島とサンゴ礁からなるワリスを描いていますが,いずれも衛星写真の画像が図案になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/03 21:28
ワリス・フツナ(2)
 今日も続いてワリス・フツナですが,一昨日のワリスに対して今日はフツナを取りあげます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/01 20:53
ワリス・フツナ
 昨日紹介しオセアニアのフランス領のうち,今日はワリス・フツナの地図切手です。同地域は昨日も書いたように東太平洋に分布しますが,上に取りあげたのは,それを示すように経緯線の入った地図切手で,1978年に発行された航空切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/30 20:38
オセアニアのフランス領
 先日紹介したニューカレドニアも含めて,オセアニアにはフランス領の島が今でも多く分布しますが,行政的にはニューカレドニア,ワリス・フツナ,フランス領ポリネシアの3地域に区分され,それぞれ独自の切手が発行されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/29 21:11
ニューカレドニア(2)
 一昨日に続いてフランス領ニューカレドニアですが,同島は観光業だけではなく,世界的なニッケルの産地としても知られており,日本の企業も進出しています。そのため,気候的にすごしやすいと言うこともあって,フランス人を中心にヨーロッパ系住民も多く居住し,人口の4割弱を占めています。そして,カナックと呼ばれるメラネシア系の先住民がこれを上回る4割強という構成になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/26 21:17
ニューカレドニア
 ノーフォーク島との関連で東太平洋のピトケアン島まで一気に飛んでしまいましたが,再びオーストラリア大陸に近い所へ戻って,非独立地域の地図切手を続けます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/24 20:24
ピトケアン諸島(2)
 一昨日,ピトケアン島を紹介しましたが,その時書いたように19世紀中頃にピトケアン島からノーフォーク島への移住が行われました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/22 22:03
ピトケアン諸島
 一昨日まで紹介したノーフォーク島の島民の一部は,18世紀末のイギリス戦艦バウンティ号の反乱での反乱者がタヒチ島の島民とともにたどり着いたピトケアン島から,人口過剰にともなって1856年に移住してきた人たちの子孫です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/20 21:10
ノーフォーク島(2)
 昨日に続いてノーフォーク島で,今日も同じく同島の形をした変形シール切手を取りあげますが,上の切手は1974年にUPU(万国郵便連合)100年を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/18 21:15
ノーフォーク島
 今日はクリスマス島から東へ進み,オーストラリアを周回してシドニー東方に位置する同じくオーストラリア領のノーフォーク島です。クックが1774年に到達した同島は,1788年に南岸のキングストンにイギリスが植民地を建設して以来イギリス領が続きますが,現在はオーストラリア領となり,1947年から独自の切手を発行しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/17 20:55
クリスマス島(2)
 今日も続いてクリスマス島ですが,一昨日も書いたように同島はリン鉱石の産地ということで,今日の切手はその関連の地図切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/14 22:13
クリスマス島
 今日は,先日までのココス諸島からさらに東へ進んで,インドネシア,ジャワ島の南方400kmに浮かぶ同じくオーストラリア領のクリスマス島です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/12 21:46
ココス諸島(2)
 一昨日に続いてココス諸島ですが,同諸島は進化論で有名なダーウィンがビーグル号の航海で立ち寄った島でもあります。そして,この環礁を観察する中で,太平洋の各島で見たサンゴ礁を含めて総括的に考察し,サンゴ礁の形態のちがいを島の沈降によって説明する沈降説を発表することになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/10 21:07
ココス諸島
 非独立地域の地図切手,今日は英領インド洋のチャゴス諸島からインド洋をさらに東へ進んで,インドネシア南西に浮かぶオーストラリア領のココス諸島です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/08 21:13
英領インド洋(2)
 一昨日に続いて英領インド洋ですが,一昨日同様1975年に発行された島の地図シリーズの1種で,今日取りあげた上の切手はディエゴガルシア島です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/06 22:09
英領インド洋
 今日はマヨット島をさらに東へ進み,インド洋のほぼ中央に位置する英領インド洋です。具体的にはモルディブと赤道をはさんで南方に対峙するチャゴス諸島が,この英領インド洋に当たります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/04 21:43
マヨット島(2)
 一昨日,マヨット島は1997年から新しく独自で切手を発行していると紹介しましたが,その10年後の2007年に郵趣10年を記念して発行されたのが上の切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/02 21:07
マヨット島
 再びアフリカ大陸周辺の非独立地域に戻りますが,以前紹介したアセンション島やセントヘレナ島など大西洋上ではなく,喜望峰を回り込んで,今日はインド洋上に浮かぶマヨット島です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/28 21:29
フォークランド諸島航空書簡
 ここ数日フォークランド諸島およびその属領の地図切手を取りあげてきたのは,本来アフリカ周辺の非独立地域の地図切手を紹介している中で,アセンション島の地図切手に次いで,同島がフォークランド紛争時にイギリス空軍の中継基地になったという関連から,横道にそれてフォークランドの切手を取りあげたのがはじまりでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/02/26 21:18
サウスジョージア島・サウスサンドウィッチ諸島
 一昨日はサウスジョージア表記の切手を紹介しましたが,1982年のフォークランド紛争に敗れたアルゼンチンは,紛争後もフォークランド諸島およびサウスジョージア島・サウスサンドウィッチ諸島の属領の領有主張を続けています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/24 20:58
サウスジョージア島
 一昨日まで紹介したフォークランド諸島属領は1946年から切手が発行されていますが,そのうち,サウスジョージア島では1963年から独自の切手を発行しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/22 21:16
フォークランド諸島属領(2)
 一昨日に続いてフォークランド諸島属領ですが,一昨日の切手は南極大陸の一部まで描いた小縮尺の地図のため,島の形態がほとんどわからなかったのですが,今日は属領のサウスジョージア島とサウスサンドウィッチ諸島だけが描かれた地図切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/20 22:34
フォークランド諸島属領
 一昨日紹介したフォークランド諸島には,行政上その属領として位置づけられる島々があり,独自の切手を発行しています。上の切手は1946年に発行された,そのフォークランド諸島属領の1番切手シリーズ,同図案額面刷色ちがい全8種のうちの1枚です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/18 21:52
フォークランド諸島
 一昨日まで紹介した,大西洋のほぼ中央部に位置するアセンション島に飛行場があることが,切手図案の地図でわかりましたが,同時に英,米空軍の基地にもなっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/16 21:44
アセンション(2)
 一昨日に続いてアセンションの地図切手ですが,一昨日にも書いたように,同島は大西洋のほぼ中央部に位置するという地理的条件のため,大西洋を縦横断する海底ケーブル線の中継基地になっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/14 21:54
アセンション
 一昨日紹介したトリスタン・ダ・クーニャの地図切手で示された大西洋中央海嶺上に位置する火山島として,トリスタン・ダ・クーニャ,セントヘレナからさらに北上して,今日はアセンション島です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/12 21:43
トリスタン・ダ・クーニャ(2)
 一昨日に続いてトリスタン・ダ・クーニャの地図切手ですが,今日は一昨日の切手よりさらに広く大西洋が描かれている切手で,1980年にイギリス王立地理学協会設立150年を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/10 21:13
トリスタン・ダ・クーニャ
 今日は,セントヘレナからさらに大西洋を南に進んで,同じくイギリス領のトリスタン・ダ・クーニャです。同島はイギリス直轄領のセントヘレナの属領という行政上の地位になっていますが,郵政は独立しており,独自の切手を発行しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/08 21:21
セントヘレナ(2)
 一昨日に続いて今日もセントヘレナですが,上の切手は1953年に発行された,エリザベス2世(現女王)戴冠式を記念するシリーズの1種で,図案には経緯線入りの地図が描かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/06 22:03
セントヘレナ
 一昨日,アフリカ大陸内の非独立地域である西サハラの地図切手を紹介しましたが,次にアフリカ大陸周辺に分布し,ある国の属領として存在する島々を取りあげていきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/04 22:01
西サハラ
 今日はジブラルタル海峡を渡ってアフリカに入りますが,アフリカ大陸の中での非独立地域として,唯一残っているのが西サハラです。同地域は1976年にスペインの撤退以降,隣国のモロッコが併合(一時期はモーリタニアも)して,現在も領有を主張し続けています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/02 21:53
ジブラルタル(2)
 一昨日に続いてジブラルタルです。その一昨日に,ジブラルタルは高さ426mの岩山からなっていると書いたのですが,今日紹介するのは,「ジブラルタルの岩」と称されるその岩山の断面図を描いたものです,地図切手に入るかどうかは難しい所ですが,変わったデザインの切手ということで取りあげました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/31 22:04
ジブラルタル
 今日はイギリス直轄領のジブラルタルです。イベリア半島南端に近い同地は,地中海の入口,出口として重要なジブラルタル海峡に面していますが,スペイン継承戦争終結時の1973年に締結されたユトレヒト条約により,スペインからの譲渡によってイギリス領になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/29 21:32
マン島
 チャネル諸島のガンジー,ジャージー以外にイギリスの自治領として存在するのが,イングランドとアイルランドの間のアイリッシュ海に浮かぶマン島です。オートバイレースで有名なこのマン島も,郵政が1973に独立して以来,独自の切手が発行されています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/27 21:18
ジャージー(2)
 一昨日に続いてジャージーですが,上の切手は,先日紹介したガンジーの切手と同じく,1994に郵政独立25年を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/25 21:16
ジャージー
 今日はチャネル諸島のうち,ジャージー種の乳牛で知られるジャージーで,先日紹介したガンジーとともに1969年から独自の切手を発行しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/23 22:11
オルダニー島(2)
 一昨日に続いてオルダニー島ですが,上の切手はその一昨日の切手同様,1983年発行の一番切手シリーズの一種で,図案には同島の地図が大きく描かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/21 22:18
オルダニー島
 一昨日紹介したガンジーの地図切手には,ガンジー自治領の4つの島が描かれていましたが,その中の一つオルダニー島では1983年から独自のローカル切手が発行されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/19 21:05
ガンジー(2)
 今日も続いてイギリス領ガンジーの切手です。一昨日書いたようにガンジーでは1969年から独自の切手を発行しますが,上の切手は1994年に郵政独立25年を記念して発行されたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/17 21:56
ガンジー
 今日からは北欧からイギリス領の島に変わります。まず初めに取りあげるのはガンジーです。イギリス海峡の中でフランスのコタンタン半島(ノルマンディー半島)に近い所に浮かぶのがイギリスの自治領チャネル諸島です。そのうちの主島の一つがガンジー島で1969年以来独自の切手を発行しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/15 22:52
オーランド
 デンマーク領の島が2つ続きましたが,今日は同じ北欧のフィンランド自治領の島オーランドです。このオーランド諸島はスウェーデンとフィンランドの間にある大小6000をこえる島からなっていますが,1921年の国際連盟の調停によりフィンランド領になった経緯があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/13 21:24
フェロー諸島(2)
 一昨日に続いてデンマーク領フェロー諸島ですが,今日は同諸島の古地図が描かれた地図切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/11 21:15
フェロー諸島
 グリーンランドと同じデンマークの自治領なのが今日紹介するフェロー諸島です。同諸島はイギリスのスコットランド北方に位置し,玄武岩を基盤にしたいくつかの島から成り立っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/09 21:40
グリーンランド(2)
 一昨日紹介したグリーンランドの切手に登場したデンマーク国王フレゼリク9世は,生誕70年記念の切手が発行された3年後の1972年に死去し,次いで国王になったのが女王マルグレーテ2世です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/07 21:07
グリーンランド
 年末以来更新がとぎれていましたが,年が明けて再スタートということで,本年もよろしくお願いいたします。以前,世界の全独立国の地図切手を順次紹介したことがありますが,今日からは,それら世界的に承認されている(バチカン以外はすべて国連加盟国)国以外で独自の切手を発行している,いわゆる非独立地域(属領あるいは世界的に承認されていない国家)の地図切手を取りあげていきたいと思います。    まずはヨーロッパ地域からで,今日はデンマークの自治領で世界最大の島であるグリーンランドです。上の切手は196... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/05 21:44
ルワンダ
 今日はコンゴ民主共和国の東隣の小国ルワンダです。同国は2つのコンゴから2年遅れて1962年にベルギーの信託統治領から独立します。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/28 21:43
コンゴとゲバラ
 再びコンゴへ戻って,地図と人物が描かれている切手ですが,今日はもう一つのコンゴ,すなわち現コンゴ共和国の地図を描いた切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/26 22:22
インド国連軍
 今日は突然インドの地図切手になります。先日来紹介しているように,コンゴ動乱では,その解決のために国連軍が派遣されますが,それに関連した地図切手ということで取りあげたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/24 21:46
ハマーショルド
 再び地図と人物が描かれた切手に戻りますが,今日の切手はアフリカの中でのコンゴ民主共和国の位置を示す地図と人物,そして国連のマークが描かれた図案になっています。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/22 21:43
カタンガ州
 一昨日の記事の中で,1960年に独立した現コンゴ民主共和国が直後のコンゴ動乱時に,カタンガ州が分離独立運動を起こしたことを書きましたが,今日はそのカタンガ独立を記念する地図切手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/20 21:46
コンゴ民主共和国
 ここしばらく,アフリカの国の地図と大統領の肖像の組み合わせ図案の切手を紹介していますが,今日はベルギー領コンゴから1960年に独立した現コンゴ民主共和国です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/18 21:27
リベリア(3)
 リベリアの話が続きますが,軍事クーデターでトルバート大統領の政権が崩壊した後,そのクーデターを指導したドゥ陸軍曹長が1985年に大統領になり,リベリア初の先住民政権が誕生します。しかし,自身の出身民族クラン族など一部の民族を偏重するなど独裁色が強く,ドゥ政権打倒を掲げるNPFL(リベリア国民愛国戦線)が武装蜂起,さらにその内部対立を経て,1990年同大統領が暗殺されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/16 21:41
リベリア(2)
 一昨日,リベリアのタブマン大統領と海岸地帯の地図を描いた切手を紹介しましたが,そのタブマン死亡後に大統領に就任したのがトルバートです,タブマン同様アメリコ・ライベリアンと先住民との同化政策を引き続き推し進めますが,先住民側の不満は解消できず,1980年に軍事クーデターでトルバート政権は崩壊します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/12/14 22:04
リベリア
 一昨日,リベリアの首都モンロビアの独立時代の地図が描かれた地図切手を紹介しましたが,今日はそのモンロビアを含めた同国の海岸地帯を描く地図切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/12 21:30
モンロビア
 一昨日紹介したガンビアの切手では,西アフリカ諸国経済共同体の加盟国が示され,旧英領,旧仏領の国々が含まれていましたが,一つだけそれらの国々より100年以上早く1847年に独立している国があります。それが大西洋に面した西アフリカの小国リベリアで,今日はその首都モンロビアの地図が描かれた切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/10 22:45
ガンビア
 ここ数日,アフリカの1960年前後独立の新興国と初代大統領が図案に描かれた地図切手を紹介してきましたが,当時,急進派グループのギニア,ガーナも親欧的なニジェールも,結果的には独立後の経済悪化への無策,政治的強硬路線などが引き金になって,紹介した三人の大統領とも,クーデターにより比較的短命で失脚します。    今日はそんな中にあって,同年代の独立国家としては長期政権の続いたガンビアを取りあげます。同国はイギリス領から1965年に独立し,1970年にジャワラが首相から大統領に就任,1994... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/08 21:07
ニジェール
 一昨日,アフリカ解放運動指導者会議(カサブランカ会議)の参加国を示す地図切手を紹介しましたが,その中にはフランス領西アフリカから,ド・ゴール仏大統領のフランス共同体提案を拒否して1958年に完全独立したトゥーレ率いるギニアも入っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/06 21:36
カサブランカ会議
 ギニアのトゥーレ,ガーナのエンクルマと地図が描かれている切手を続けて紹介しましたが,今日はそれら2国に加えて他の数ヶ国が地図上に示されている地図切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/04 21:16
ガーナとエンクルマ
 一昨日,ギニアの独立記念の地図切手を紹介しましたが,今日はそのギニアより1年早く1957年に独立したガーナの独立記念の切手で,ギニアと同様,地図と初代大統領が図案になっており,アフリカの中でのガーナの位置を示す地図と初代大統領(独立当時は首相)エンクルマが描かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/03 21:07
ギニア独立50年
 急に話題が変わりますが,今年2008年は西アフリカの小国ギニアが独立して50周年になります。第二次大戦後に多く独立するアフリカ諸国ですが,なかでも1960年に数多くの国が一挙に独立し,アフリカの年と言われています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/01 20:59
plan
 地図という言葉を英語で表現する場合に,地図の種類によって色々あることを紹介してきましたが,今日はもう一つplanを取りあげます。 planは文字通り計画的に建設される都市の都市設計図はもちろん,完成された都市の都市地図に対しても用いられる用語です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/29 21:33
topography
 一昨日,map,chartのちがいについて書きましたが,それでは先日ラトビアの切手で紹介したような地形図は,英語でどう表現するのかということになるのですが,普通はtopographyを用いますが,topographic mapという表現もあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/27 20:58
chart
 先日,イギリスの切手帳表紙に描かれた海図を紹介しましたが,この海図は英語ではmapではなくchartとなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/25 21:31
切手裏面に描かれた地図
 切手印面以外に描かれた地図を色々取りあげていますが,今日は変わり種,切手の裏側に描かれた地図です。実際は,切手の裏側というよりは地図の裏側に印刷された切手という方が正しい表現です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/23 21:22
切手帳に描かれた地図
 タブや小型シートに描かれた地図を続けて紹介してきましたが,今日は切手帳の表紙に描かれた地図です。上の切手帳は1995年にイギリスから発行された海図シリーズの一種で,中にはマーチンシリーズの切手が貼り込んであります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/22 21:27
小型シートに描かれた地図(2)
 一昨日紹介したセネガルの小型シートは切手部分とシート地が連続図案になっておらず,シート地の地図が切手印面の他の図案(もちろん地図と切手図案は関連があるわけですが)によって,その部分だけ隠れてしまっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/20 20:59
小型シートに描かれた地図
 一昨日はタブに描かれた地図を紹介しましたが,今日は小型シートのシート地に描かれた地図です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/18 21:23
タブに描かれた地図
 一昨日紹介したように,切手印面にサブ的に描かれた図案の場合,その図案に関連するキーワードではスコットCD版の検索機能では見つからない場合が多いのですが,タブに図案が描かれている場合は,カタログにタブの図案自体および図案の説明も掲載されていない場合がほとんどです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/16 21:44
テーマティク切手収集考
 先日書いたように,スコットCD版の検索機能ではテキスト部分にそのキーワードが含まれていないと検索にひっかかりません。例えば自分の収集テーマの図案が大きく描かれている切手で,しかも図案説明のテキストの場合は検索にかかる場合が多いのですが,テーマの図案がサブ的で小さく描かれている場合は全く検索にかかりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/14 21:06
切手整理考(2)
 一昨日書いたように,購入した切手をそのままの状態で放っておくと,その切手の記憶が薄れてしまう場合があるのですが,一方で,先日のトルコの古地図切手のように,その切手そのものの存在に気づいていない場合もあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/12 20:54
切手整理考
 当ブログで紹介する地図切手は,自身の収集品を整理しているリーフやストックブックの中から選んで取りあげているわけですが,整理の終わっていない(サボッているので結構たまっている)新しく入手したもの(新発行や古い切手でも新しく手に入れたもの)も数多くあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/10 21:19
ベハイム型日本のイスパニョラ島
 今日の地図は一昨日紹介したトルコの切手に描かれた古地図を拡大したものです。この地図は1515年にオスマン・トルコの海軍提督ピリ・レイスが製作したもので,現在はイスタンブールのトプカプ宮殿博物館に所蔵されているものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/08 21:48
JAPEXの収穫品
 今日はJAPEXで手に入れた地図切手の収穫品を取りあげることにします。上の切手は「人類の偉業」をテーマに 1983年のヨーロッパ切手としてトルコから発行されたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/06 21:06
ベハイム型の日本
 ここ数日,ヨーロッパ人製作の古地図に描かれた日本について,その形態からテイセイラ型,オルテリウス型,メルカトル型と区分があることを紹介しましたが,これら以前には南北に細長い想像形の日本を描く時代が続きました。この型はベハイム型と称され,1492年に製作された現存最古の地球儀として知られるドイツ人ベハイムの地球儀に描かれたジパング(日本)からその名がきています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/29 21:14
アニアン海峡
 一昨日拡大図を紹介した,世界遺産シリーズ「石見銀山」の切手のタルタリア図ですが,同じ図案を今日も再登場させます。地図をよく見ると,アジア大陸と北米大陸の間にアニアン海峡という地名が記されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/27 21:19
タルタリア図と石見銀山
 昨日紹介した23日発行の世界遺産シリーズ「石見銀山」の切手ですが,図案のタルタリア図が石見銀山とどう関係があるのかということになりますが,この地図がオルテリウスの地図帳「世界の舞台」の1570年版収録の地図ということで,当時のヨーロッパ人にとっては,戦国時代に数多く開発された日本の銀山から産出される銀は,アメリカ大陸の銀と同様に非常に重要な産物であり,長崎を通じて中国そしてヨーロッパへと流通していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/25 21:52
タルタリア図
 ここ数日,古地図に描かれた日本を取りあげてきましたが,ヨーロッパ人の描いた地図にみられる日本の形態として,メルカトル型やテイセイラ型があることを紹介しました。メルカトル型は楕円状の日本列島,テイセイラ型は横長の日本列島で九州や四国も描かれているのが特徴でしたが,この両型の中間的な存在としてオルテリウス型と呼ばれる日本があります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/24 21:10
テイセイラ型の日本
 一昨日メルカトル型の日本が描かれた古地図切手を紹介しましたが,今日はそれより日本列島の形態がよくなったテイセイラ型の日本が描かれている古地図切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/23 21:48
メルカトル型の日本(2)
 ヨーロッパの古地図における日本の形態として,一昨日メルカトル型の日本を紹介しましたが,この形態はメルカトルの世界図やオルテリウスの地図帳「世界の舞台」の世界図に続いて,16世紀末に製作されたいくつかの地図にも継承されて描かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/21 21:19
メルカトル型の日本
 一昨日,天正遣欧少年使節がオルテリウスの地図帳を持ち帰ったことを紹介しましたが,その地図帳は「世界の舞台」と呼ばれ,1570年に初版が刊行された近代的地図帳の最初のものとされています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/19 21:12
世界図屏風
 一昨日紹介したマテオ・リッチの世界図が日本へ流入する以前の桃山時代から江戸時代初期には,南蛮屏風の一種である世界図屏風と呼ばれる世界地図が製作されていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/17 21:18
マテオ・リッチ
 一昨日,イタリア人宣教師マテオ・リッチの「坤輿万国全図」について書きましたが,今日はそのマテオ・リッチと彼が製作した世界図が図案になった切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/15 21:33
坤輿万国全図
 一昨日紹介したマカオの地球儀を描いたポルトガル領マカオの最終切手は小型シートのものを取りあげましたが,今日は同じ地球儀が描かれた単片切手の方を取りあげます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/13 20:36
マカオ地球儀
 先日のテイセイラの日本図の切手を紹介した中で,当時のポルトガルの地図製作者が描いた日本は,日本に来航したヨーロッパ人の見聞がもとになっていると書きましたが,そのうちポルトガル人はマカオを根拠地に活動していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/11 21:48
テイセイラの日本図
 一昨日,ポルトガルの地図製作者テイセイラによるポルトラノ海図が描かれた小型シートを紹介しましたが,今日はそのテイセイラ作の日本図が描かれた切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/09 21:00
ポルトラノ海図
 一昨日に続いてマカオの地図切手を取りあげますが,今日は古地図切手です。大航海時代の先陣を切ったポルトガルは,数多くの探検を経てヴァスコ・ダ・ガマによるインド航路の開拓後,アジア貿易の実権を握りますが,それら数々の航海の成果を取り入れて,当時次々と製作されたのがポルトラノ(航海案内書の意)と呼ばれる海図です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/07 20:33
マカオ
 旧ポルトガル領の国としてアンゴラ,モザンビークを紹介しましたが,今日は同じく旧ポルトガル領のマカオの地図切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/05 21:41
モザンビーク2
 昨日に続いてモザンビークの航空書簡を紹介しますが,今日は絵入り航空書簡の体裁で,絵の部分が実際は地図が描かれています。   地図は同国を流れる主要河川が示される水系図になっています。よく見ると中部,南部の河川にはダムを建設してできた人造湖が存在しています。なかでも最も大きなダムが,中部を流れるザンベジ川に作られたカボラボサダムで,料額印面にその偉容が描かれています。このザンベジ川以外の水系にもダムが建設されている同国は,ほぼ100%の電力を水力発電でまかなっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/03 21:06
モザンビーク
 昨日ポルトガル領を描いた地図切手を紹介しましたが,アンゴラとともにアフリカ大陸でポルトガル領であったのがモザンビークです。同国はアンゴラ同様1975年に独立しますが,独立後内戦が続いたこともアンゴラと共通しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/01 20:55
ポルトガル領
 一昨日アンゴラを取りあげて,1975年にポルトガルから独立したと紹介しましたが,アフリカではアフリカの年と呼ばれる1960年を中心に1960年代に英,仏植民地から多くの国が独立を達成します。 その中で,最後の植民地帝国と呼ばれたポルトガルはなかなかその植民地の独立を認めず,ポルトガル領は独立が最も遅くなります。アフリカでは1973年に独立したギニアビサウ,そしてアンゴラ,モザンビーク,島嶼国家のサントメ・プリンシペ,カーボ・ベルデが1975年に独立します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/30 21:47
アンゴラ
 連日OPEC加盟国の切手を取りあげてきましたが,その最後として今日は2007年に新しく加盟したアンゴラの地図切手です。上の切手はMPLA結成40年を記念して同国から1996年に発行されたものです。    同国は15世紀末にポルトガルが植民地経営を開始して以来長らくその支配が続きますが,1956年MPLA(アンゴラ解放人民軍),1965年にUNITA(アンゴラ全面独立民族同盟)がそれぞれ結成され,MPLAが1975年に独立を宣言します。しかし,独立直後からUNITAとの内戦状態に入り,一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/28 21:03
クウェート
 1960年結成のOPEC原加盟国が5ヶ国と昨日書きましたが,その一つにペルシア湾岸の小国クウェートがあります。そこで今日はそのクウェートの石油関連の地図切手を取りあげました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/26 20:45
イラン(2)
 先日,日本の原油輸入相手国の1位がサウジアラビア,2位がアラブ首長国連邦と紹介して,両国から発行されたOPEC結成20周年の記念切手を取りあげましたが,今日も続いて3位のイランを取りあげます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/25 20:35
アラブ首長国連邦
 昨日サウジアラビアが日本の原油輸入相手国1位と紹介しましたが,その次の2位になっているのが,同じペルシア湾岸諸国でサウジアラビアに隣接するアラブ首長国連邦です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/23 20:53
サウジアラビア
 加盟各国から1980年に発行されたOPEC結成20周年の地図切手をいくつか紹介してきましたが,それらはいずれも中東以外の国の切手でした。OPECの主勢力はやはり中東ということで,今日はその中東の国から発行されたものを取りあげました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/22 22:46
ガボン
 一昨日,最近OPEC脱退が決まったインドネシアから1980年に発行されたOPEC結成20周年の切手を紹介しましたが,この年には加盟各国から類似図案の切手が発行されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/21 17:24
インドネシア
 先日,1980年にベネズエラから発行されたOPEC結成20周年の切手を紹介しましたが,切手図案にはOPECのロゴマークとともに,当時の加盟国が世界地図の中で赤く示されていました。そして類似図案の切手が加盟各国から発行されていると書きましたが,今日はその中でインドネシアから発行された切手を取りあげました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/19 22:18
オランダ領アンティル
 昨日紹介したベネズエラの北西のマラカイボ油田の北方,カリブ海に浮かぶのがオランダ領アンティル諸島の3つの島です。オランダ領アンティル諸島はカリブ海の北方の北部諸島とベネズエラ沿岸の南部諸島に別れますが,この南部諸島の3島は1634年にオランダが占領します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/18 20:54
ベネズエラ州地図
 一昨日,南米の産油国ベネズエラのOPEC関連の地図切手を紹介しましたが,そのベネズエラでは1970〜71年にかけて同国の各州を取りあげた,州別地図切手シリーズが発行されています。州別や地方別の地図切手シリーズを発行している国は他国にもあるのですが,このベネズエラの場合は紋章も小さく描いていますが,地図がメイン図案の純地図切手として発行されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/17 22:32
ベネズエラ
 グルジア紛争の難民への人道支援のため,アメリカが黒海に軍艦を派遣したことに対して,今度はロシアが反米のチャベス大統領政権下の南米ベネズエラに爆撃機ツポレフ2機を送り込み,カリブ海でのベネズエラとの海軍共同軍事演習も計画されているというニュースが先日報じられました。これはアメリカを牽制するロシアの行動という見方が強いですが,反米政権のベネズエラの動向も注目されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/15 20:43
BTCパイプライン
 一昨日紹介したイランの北西側は,トルコ,コーカサス地方へ続くわけですが,グルジアおよび南オセチア紛争で揺れるこのカフカス地方も,カスピ海に面したアゼルバイジャンが歴史のあるバクー油田を中心に石油の宝庫ということで,イランに続いてパイプラインルートが描かれた地図切手を取りあげました。上の切手は2002年に建設のはじまったBTCパイプラインを記念して,アゼルバイジャンから2003年に発行されたもので,そのルートがパイプラインのデザインで描かれており,通過する国が色別に塗り分けられています。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/14 21:30
イラン
 一昨日,中東のイランでペルシア湾を震源とするM6.1の大きな地震が起こりました。イランは北部と南部に山脈が走り,全体として高原状の国ですが。地質的にはアルプス=ヒマラヤ造山帯の変動帯に当たり,地震の多発地帯です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/12 21:18
朝鮮半島
 北朝鮮の金正日総書記が建国60周年記念行事に姿を見せなかったことで内外に異変説が広がっていますが,同じく韓国も今年が建国60年ということで,今日は朝鮮半島が描かれた地図切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/09/10 21:52
バーレーン
 サッカーワールドカップ南アフリカ大会のアジア地区最終予選で,日本は初戦の相手バーレーンにアウェーで辛くも勝ちました。ということで今日はそのバーレーンの地図切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/08 21:50
クリミア
 ベラルーシ,ロシアと続いたので,ついでといっては何ですが,旧ソ連のスラブ系国家にはもう一つウクライナがあります。実はこのウクライナ南部,黒海に突き出したクリミア半島にはクリミア自治共和国が存在します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/07 17:26
ロシア
 先日ベラルーシの陸上ハンマー投の2選手のドーピング疑惑について書きましたが,今度は旧ソ連の同じスラブ系3国の一つで,ベラルーシと連邦を形成する大国ロシア出身の大相撲の兄弟力士2人について,すでに逮捕されている若ノ鵬と同様,大麻吸引疑惑が生じています。今の所,本人達は完全否定で親方も理事長も擁護する形をとって,再検査の方向を示していますが,結論はどうなるでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/06 21:16
ベラルーシ
 北京五輪陸上男子ハンマー投で,銀メダル,銅メダルをとった2人のベラルーシの選手がドーピング違反の疑いがあり,確定すると5位になった日本の室伏選手が銅メダルにくり上がる可能性が出てきました。室伏選手は前回のアテネ大会でも,当初金メダルを獲得したハンガリーの選手がドーピング違反になったため,銀メダルから金メダルにくり上がっており,複雑な心境かもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/04 20:43
ハリケーン
 ハリケーン「グスタフ」がカリブ海諸国のハイチ,ジャマイカに大きな被害をもたらした後,アメリカのルイジアナ州に上陸し,アメリカ本土でも被害が出ています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/02 20:59
ドニエストル
 昨日,グルジア内のアブハジア,南オセチア両共和国がロシアによって国家承認されたことを書きましたが,これと類似した状態にあるのがコーカサスからは少し北西へ移動しますが,ルーマニアとウクライナにはさまれた,旧ソ連からの独立国モルドバ共和国内にあるドニエストルです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/31 21:11
アブハジア
 グルジアの南オセチア紛争は,ロシアが先日,その南オセチア共和国と同じくグルジア内にあるアブハジア共和国の2国を国家承認するという事態になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/30 21:10
アフガニスタン 2
 昨日に続いてアフガニスタンの地図切手です。現在の同国は治安の悪化で,観光旅行どころではない状態ですが,上の切手は1968年に発行された旅行者用の宣伝切手で,同国の主要道路網が描かれているルートマップですが,切手発行当時の1968年は共和制に移行する前の王国時代で,タリバンによって破壊されたバーミヤンの遺跡など観光資源もあり,外国人観光客も訪れることのできる状態だったことを示しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/08/29 21:12
アフガニスタン
 アフガニスタンで,日本のNGO活動家伊藤さんが殺害されるという誠に残念な事件が起こりました。西アジアの最も東部,中央アジアと南アジアにはさまれた内陸国の同国は,日本でもなじみの少ない国の一つでしたが,一躍注目を浴びたのは,欧米,日本の西側諸国が1980年のモスクワ五輪をボイコットする原因となった,ソ連軍のアフガニスタン侵攻でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/28 21:33
モンテネグロ
 北京五輪も昨日閉幕しましたが,最終日の昨日,日本ではマイナーな競技ですが,水球の決勝と3位決定戦が行われました。そのうち,3位決定戦で銅メダルを争ったのは何とセルビアとモンテネグロという因縁の対決でした。2006年までセルビア=モンテネグロという国で,旧ユーゴスラビアの生き残りという連邦国家でしたが,同年6月にモンテネグロが分離する形で独立を果たし,国連にも加盟します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/25 20:56
バハマ
 北京五輪,陸上短距離は昨日も書いたように,カリブ海諸国が大活躍ですが,カリブ海諸国と呼ぶ場合,キューバ,ジャマイカを含む大アンティル諸島とトリニダード=トバゴなどの小アンティル諸島に分かれます。そして,これら大小アンティル諸島に加えて,キューバ北方に位置するバハマ諸島を含めて西インド諸島を形成しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/24 21:48
トリニダード=トバゴ
 北京五輪,昨日は陸上男子4×100mRで日本が銅メダルを獲得しました。強豪のアメリカ,イギリスが予選でバトンミスを犯し落選したとは言え,日本男子にとっては,五輪史上でトラック競技初のメダルという快挙でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/23 20:51
カメルーン
 北京五輪の金メダル獲得小国シリーズのようになっていますが,今日は陸上女子三段跳という日本ではマイナーな種目を取りあげました。一昨日この種目で金メダルを取ったのは中部アフリカに位置するカメルーンのムバンゴ選手で,アテネ大会に続いて五輪2連覇を達成しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/19 21:34
チュニジア
 北京五輪,昨日の陸上女子マラソンは日本にとっては残念な結果に終わりましたが,水泳のマラソンとよばれる男子1500m自由形決勝では,水泳王国の選手を破って北アフリカチュニジアのウサマ・メルーリ選手が同国水泳史上初の金メダルを獲得しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/18 20:43
ジャマイカ
 北京五輪,昨日の陸上男子100mはジャマイカのボルトが9″69という驚異的な世界新記録で金メダルに輝きました。決勝に残った8人のうち,アメリカの2人をのぞく6人は全てカリブ海諸国の選手で,そのうちジャマイカは3人とまさにジャマイカ旋風でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/17 17:38
キューバ野球
 北京五輪は昨日から野球の予選リーグが始まりましたが,日本は初戦でキューバに敗れました。まあ,予選リーグは4位以内に入ればいいということで,これからが大事ですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/14 20:33
アゼルバイジャン
 現在の北京五輪の国別金メダル獲得数をみると,やはりスポーツ大国が多く並んでいますが,その中で昨日の男子柔道73kg級で金メダルを獲得したのはアゼルバイジャンのママドリ選手でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/12 21:40
グルジア
 北京五輪開幕と同時に噴き出したのが,グルジアの南オセチア問題です。ロシア援軍の南オセチア侵攻に対して,グルジア選手団が北京五輪から引き揚げの可能性を示唆しましたが,これはとりあえず回避されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/11 21:05
鄭和の南海大遠征
 昨日の続きになりますが,昨日の記事で紹介した中国明代の鄭和の南海大遠征600年を記念した切手が,いくつかの国から2007年に発行されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/10 22:30
聖火リレールート
 いよいよ北京オリンピックの開幕ですが(一部の競技はすでにはじまっています),チベットやウイグルでの暴動事件もあって,厳重な警備体制下のオリンピックになりそうです。世界各国,中国国内で色々と問題のあった聖火リレーでしたが,明日の開会式で最終的にメイン競技場に火が灯ることになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/07 20:48
衛星画像
 昨日に続いて地図の歴史の締めくくりということで,現代における地図の技術革新として登場した地図を示したいと思いますが,今日は現在数多く打ち上げられている観測衛星からの衛星画像を処理した衛星画像地図が描かれた地図切手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/03 21:52

トップへ | みんなの「地図」ブログ

切手で読む地図の楽しみ 地図のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる