切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS 領有主張切手

<<   作成日時 : 2014/01/04 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 年が変わりましたが,記事の流れは昨年末からのつづきということで,前回のパナマの切手同様,ラテンアメリカの国のコントロールパンチの入った見本切手を紹介します。
 
 今日はパナマから南へ移って南米大陸の内陸国ボリビアの地図切手です。この切手も前回のパナマと同じく,同図案,類似図案の地図切手が額面,刷色ちがいで数回にわたり多種類発行されています。

 上の切手はその中で,1935年発行の普通切手の1種の見本切手です。印面には同国の地図が描かれている純地図切手なのですが,この地図の国土の形態が,現在のボリビアの国土の形と少し違うなと気づかれた方はかなりの地理通ということになります。

 すなわち,この図案の切手は,チャコ地方の領有を巡ってボリビアと隣国パラグアイが1932年から1935年にかけて争ったチャコ戦争にともない,そのチャコ地方の領有を主張するための一種のプロパガンダ切手として発行されたものです。図案の地図の南東部には CHACO BOLIVIANO という記載があります。

 結果的には,この戦争はパラグアイの勝利という形で終わり,チャコ地方の大部分はパラグアイ領となったため,この地図の南東部を除いた部分が現在のボリビアの領土ということになります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
領有主張切手 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる