切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本統治時代のフィリピン切手

<<   作成日時 : 2011/12/29 21:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

  前回,アメリカ統治時代におけるフィリピンの地図切手を紹介しましたが,その記事の中でも書いたように第二次大戦中の1942〜1945年は日本が統治していました。 ということで,今日はその日本統治時代のフィリピンの地図切手ですが,上のカバーはその地図切手発行時の初日カバーです。左の2枚がその切手に該当しますが,1943年に日本統治下で発行されたバタアン・コレヒドール陥落1周年の記念切手です。

  コレヒドール島は18世紀にスペイン人が要塞を築いた島で,アメリカはさらに島全体を要塞化しました。そしてこれを日本軍が攻略して陥落させた歴史があるわけです。 この切手図案の地図にはマニラ湾に突き出すバターン半島とその沖合に浮かぶコレヒドール島が示されています。印面のカタカナ表記が何とも特徴的です。

  ところでこの初日カバーですが,元はアメリカ統治時代の公用葉書で,その料額面のアメリカ表記部分と料額面下の公用(O.B.)表記部分,そしてマニラの市章部分を黒塗りで加刷抹消しています。そして日本統治下で発行された附加金付切手も貼られています。さらに右下には大日本憲兵隊の検閲印が押されているという,なかなか賑やかなカバーです。

  このカバーに貼られている日本統治時代の切手は,いわゆる南方占領地切手と呼ばれる切手の1種で,さくら日本切手カタログにも採録されています。   

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本統治時代のフィリピン切手 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる