切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS フィリピン附加金付切手

<<   作成日時 : 2011/12/18 15:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 前回スペイン人のフィリピン,セブ島への到達ルートを描いた地図切手を紹介しましたが,今日はそのフィリピンの地図が大きく描かれた切手です。

 上の切手は1963年に同国から発行された結核予防運動のための附加金付切手で,フィリピン諸島の地図とダブルクロスマーク(複十字)が描かれています。

 図案の地図でわかるように,フィリピンは多くの島からなる島国ですが,実際には首都マニラのあるルソン島や,昨日台風の大きな被害があったミンダナオ島をはじめとして約7000もの島があります。切手図案の地図の縮尺では,一部の島しか描かれず小さな島は省略されているわけですが,ダブルクロスマークの下部東側に位置する細長い島がセブ島ということになります。

 このセブ島の中心都市セブ市は最初にスペイン人が植民地化した都市ということもあり,歴史的遺物も多く残るセブ都市圏は,フィリピンではマニラ首都圏に次ぐ大都市圏を形成している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィリピン附加金付切手 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる