切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS 古地図と衛星画像

<<   作成日時 : 2011/10/23 17:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 久しぶりの更新ですが,今日も前回と同様,北キプロス・トルコ共和国の地図切手です。上の小型シートは同国から1983年に発行された同年のヨーロッパ切手で,キプロス島の古地図と衛星画像が図案の2連刷を収めています。

 このヨーロッパ切手というのは,ヨーロッパ各国において,毎年統一のテーマに基づいて発行される切手で(当初は統一図案の時代もありました。),この1983年は「人類の偉業」がテーマになりました。
 
 前回も紹介したように,この北キプロス・トルコ共和国は世界的には承認されていない国です。ギリシャ系住民からなるキプロス本国はEUにも加盟し,当然ヨーロッパ切手も発行しているわけですが,この北キプロスも負けじとヨーロッパ切手を発行しているわけです。ちなみに,トルコ本国も古くからヨーロッパ切手を発行しています(ヨーロッパ切手の発行は1956年が最初でトルコは1958年から)。

 ところで,今日の切手図案ですが,まさに人類の偉業の一つである衛星写真の画像が取りあげられていますが,これを画像処理した衛星画像地図はまさに現在の最新地図ということになり,(切手図案ではちょっとわかりにくいですが)詳細な起伏の表現は,古地図との対称で地図の歴史におけるその技術的変革を感じさせます。古地図の方は山地部の山並みが空想的・絵画的表現になっているのがわかります。

 地図における,この絵画的山並み表現は,おおまかに言うと,近代的な測量が始まって各国が本格的な測量と地形図制作をはじめる時まで,地図の歴史においてずっと用いられてきた表現です。実はそのあたりの「地図の起伏・立体表現」に的を絞ったストーリーで,今回のJAPEXにワンフレームクラス作品として出品しました。

 2週間後の週末に開催されるJAPEX2011(全国切手展)に来場予定の方は一度御覧いただければ幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古地図と衛星画像 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる