切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS 国際切手展の残像 続き

<<   作成日時 : 2011/08/07 17:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 一昨日紹介したボフタツワナの切手ですが,今日は拡大してもう一度表示しています。この地図は1508年にフラカンツァーノによって製作されたもので,アフリカを描いた最初の印刷地図として知られていますが,このアフリカの地図の中で,ナイル川が月の山から流れ出る描写は,古代ローマ時代の地理学者プトレマイオスの地図に依っています。

 一作日も書いたように,このボフタツワナはバンツースタン国家の一つですが,承認したのは南アフリカ共和国のみという,いかがわしい国になるわけで,アパルトヘイト政策撤廃により消滅するという短命国家に終わります。
 
 アフリカの古地図を描く切手シリ−ズということで,マテリアルとしては申し分ない切手なのですが,この国の切手を切手展の作品に使うのはどうかと考え,私の今回の国際展の作品では全て展示から外しましたが,使用することに問題はないかなという感じで,今後は使っていく方向で考えているところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国際切手展の残像 続き 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる