切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS ローマ時代の道路地図

<<   作成日時 : 2010/03/18 21:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 新着小型シートが続きますが,今日はスロバキアから昨年発行された,ローマ時代の遺跡をテーマにした小型シートで,2種の切手部分にはその遺跡が図案になっていますが,私にはシート地の地図が注目に値します。

 この地図は,ローマ帝国時代にローマを中心に建設されたローマ道を描いた一種の道路地図で,4世紀に起源がありますが,現存するものは12〜13世紀頃に忠実に模写されたもので,16世紀の人文学者ポイティンガーが所蔵していたことからポイティンガー図と呼ばれています。シート地の図案はその一部が描かれていることになります。

 原図は現在ウィーンのオーストリア国立図書館に所蔵されていますが,幅34cm,長さ7mという長大なもので,東西方向に著しく引き伸ばされています。ヨーロッパから北アフリカ,アジアの一部まで広大な帝国の勢力圏を含む道路地図で,細い線が道路,やや太い波線が河川を示し,道路に沿って地名,宿駅やその間の里程が記され,中心的な都市には建物の記号が描かれています。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ローマ時代の道路地図 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる