切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコシア

<<   作成日時 : 2010/03/14 21:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 今日も昨年発行の小型シートが続きますが,キプロス発行の小型シートを構成する連刷切手の1種である古地図切手を取りあげます。

 一昨日,ヨーロッパの地図と十字架を組み合わせた図案の切手を紹介しましたが,今日取りあげるキプロスは地中海東部に浮かぶ島国ということで,地理的には中東に入り,歴史的にもキリスト教とイスラム教の交錯するヨーロッパと西アジアの接点という地域になります。

 この切手を含む小型シートは,キプロスの古代遺産をテーマに発行されたものですが,上の切手図案には1570年に首都のニコシアがオスマントルコに包囲された当時の地図が描かれており,城郭都市の形態がよくわかります。

 翌1571年,オスマントルコに支配されたキプロスはイスラム勢力が侵入することになりますが,ご存知のように現在はギリシャ系,トルコ系住民の対立により,トルコ系地域が北キプロス・トルコ共和国の独立を宣言して以来,国家分裂状態が続いています。


 ちなみに,現在ニコシアは分裂しているキプロス共和国と北キプロス・トルコ共和国の境界上に位置し,両国ともニコシアを首都としており,ニコシア自体も分裂状態にあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニコシア 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる