切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS コロンブスの地図

<<   作成日時 : 2010/01/23 21:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 一昨日,ハイチの国土すなわちイスパニョーラ島の地図が描かれた切手を紹介しましたが,今日も続けてそのイスパニョーラ島の地図です。

 上の小型シートは,1989年に西アフリカのギニアビサウからブラジル切手展を記念して発行されたシリーズ(7種の切手と小型シート)のうちの小型シートです。このシートも含め各切手印面には,先住民の工芸品が描かれているのですが,上の小型シートではエクアドルのものが切手図案になっており,シート地上部には何とコロンブスが描いた自筆の地図が載っています。このあたりの組み合わせは,さすがギニアビサウの切手ということでしょうか。

 それはさておき,この地図をよく見てほしいのですが,コロンブスが第1回航海で到達したイスパニョーラ島の北岸を描いた地図で,自筆の地図として唯一残っているものです。コロンブスはアメリカへの航海以前のリスボン滞在時代には,弟とともに地図製作にも従事しており,この地図と,一昨日の切手の現在のハイチの地図の北岸を見くらべていただくとその地図製作技術の高さがわかると思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コロンブスの地図 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる