切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラウ

<<   作成日時 : 2009/11/15 16:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 昨日メルカトル・ホンディウス版アトラスを紹介しましたが,この後に登場するのがブラウ家で,アムステルダムに印刷工場を作り,地図出版事業を展開します。ということで,今日はそのブラウの地図帳に載っている地図を描いた切手を取りあげることにします。

 ブラウ家は二代目ヨハンネスの時代1662年に全12巻に及ぶ大地図帳が完成し,オルテリウスから続くオランダ地図製作の絶頂期を迎えることになります。上の切手はスウェーデンから1991年に発行された地図シリーズの1種で,その1662年刊行の大地図帳所収の北欧全図が図案に描かれているのですが,オルテリウスの地図帳のスカンジナビア半島にくらべると,その形態がかなり正確になってきています。

 この北欧図はスウェーデンの地図製作者ボーレの地図をもとにしたもので,スウェーデン,デンマーク,ノルウェーの表題がついており,領土が最大時のスウェーデン王国を示しています。スウェーデンの支配下には,フィンランド大公国や現在のロシア,バルト三国の一部にあたるバルト海沿岸地方も含まれていることがわかります。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラウ 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる