切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS オルテリウスの地図帳(4)

<<   作成日時 : 2009/10/12 21:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 一昨日の小型シートの続きですが,その切手部分を切り取り,小型シートと同図案の絵葉書の上に貼り付けて記念印を押した郵趣品,すなわちマキシマムカードを今日は紹介します。上はその切手と記念印の部分ですが,あらためて切手をよく見ると,中央上部がアイスランド,その北に大きく広がるのがグリーンランドです。そしてアイスランドの南に描かれているのが先日書いたように伝説の島フリースランド島になります。

 このフリースランド島は,織田武雄氏の『古地図の博物誌』によると,ベネチアの名門ツェノ家に伝えられた,先祖による14世紀末の北方への探検航海の航海記を1558年に刊行する際に付した地図に,航海記の中に「フリースランド島を発見し,さらに北上してアイスランド,グリーンランドに到達した」という記述から,同島を描き入れたために,そのすぐ後の時代の地図製作者であったオルテリウスの地図帳や,1569年の有名なメルカトルの世界地図にもこのフリースランド島が同じように描かれたということである。

オルテリウスもメルカトルもまんまと騙されたということになりますが,地図上の未知の北方大陸の存在と同様,当時の探検航海が大洋上や北方海域の全てを完全に網羅,検証できていなかったことを物語っているわけです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オルテリウスの地図帳(4) 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる