切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS アンギラ

<<   作成日時 : 2009/06/17 20:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 先日のモントセラトに続いて,今日はその北方に位置する同じイギリス領のアンギラです。さらに言えば,その前に紹介した英領バージン諸島の東方という位置になります。

 このアンギラは,すぐ南方に位置するセントクリストファー(セントキッツ)島,ネービス島とともに同じイギリス植民地の行政区の地位にありましたが,1983年にセントクリストファー・ネービスが独立し,このアンギラだけが単独のイギリス領植民地として残り,現在も独自の切手を発行しています。

 上の切手は1972年に発行された古地図シリーズの1種で,1847年製作の海図が図案になっています。図案の地図には方位盤と放射状の方位線が示され,いわゆるポルトラノ型海図の特色をもった海図であることがわかります。

 上に,このアンギラの南方にはセントクリストファー(セントキッツ)島があると書いたのですが,切手図案の地図でアンギラ島の南に描かれているのは,実はセントクリストファー島ではなく,さらにその間に位置するセントマーティン島という島になります。小アンティル諸島には本当に多くの島が存在します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アンギラ 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる