切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS 仏領南極地方(3)

<<   作成日時 : 2009/05/04 21:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 インド洋南部に浮かぶ仏領南極地方の島のうち,クロゼ諸島とケルゲレン諸島を紹介しましたが,今日はもう一つ,それらの島々からもう少し北に位置するアムステルダム島を取りあげます。

 上の切手は,1969年に気象観測基地建設20年記念して発行されたもので,レリーフ形式の立体感あふれる地図が図案になっています。火山島である(現在は活動していない)同島の地形の形態を非常にわかりやすく描いています。

 よく見ると,経緯度の数字も示されており,南緯37度50分ということで,南極地方と呼ぶにはふさわしくないかもしれませんが,実際には切手印面の表記にあるように,フランス領南方および南極地域(フランスは南極大陸の一部も領有を主張している)というのが正式な属領名になります。

 ちなみに,このアムステルダム島は1893年以来フランス領になりますが,それ以前の1633年にオランダ人が初めて上陸したことで,この名前がついています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仏領南極地方(3) 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる