切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS モンロビア

<<   作成日時 : 2008/12/10 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 一昨日紹介したガンビアの切手では,西アフリカ諸国経済共同体の加盟国が示され,旧英領,旧仏領の国々が含まれていましたが,一つだけそれらの国々より100年以上早く1847年に独立している国があります。それが大西洋に面した西アフリカの小国リベリアで,今日はその首都モンロビアの地図が描かれた切手です。

 リベリアは19世紀初頭のアメリカにおける奴隷反対運動にともない,アメリカ植民協会が再入植させた解放奴隷によって建国されます。モンロビアはその入植基地として1822年に建設され,その政策を支援した当時のアメリカ第5代大統領J・モンローにちなんで名づけられました

 上の切手は1952年に発行された,地図,風景シリーズの一種で,当時のモンロビアの地図とモンロー大統領,そして解放奴隷とともにリベリアに渡り,建国の祖ともいわれるアメリカ人宗教家アシュマンの肖像が描かれています。図案の地図をよく見ると,モンロビアが川と湾に囲まれた港町であることがよくわかります。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モンロビア 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる