切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS ガンビア

<<   作成日時 : 2008/12/08 21:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 ここ数日,アフリカの1960年前後独立の新興国と初代大統領が図案に描かれた地図切手を紹介してきましたが,当時,急進派グループのギニア,ガーナも親欧的なニジェールも,結果的には独立後の経済悪化への無策,政治的強硬路線などが引き金になって,紹介した三人の大統領とも,クーデターにより比較的短命で失脚します。
 
 今日はそんな中にあって,同年代の独立国家としては長期政権の続いたガンビアを取りあげます。同国はイギリス領から1965年に独立し,1970年にジャワラが首相から大統領に就任,1994のクーデターまで政権の座にありました。この期間に発行された同国の切手には,同大統領の肖像が描かれ続けました。

 上の切手は,1982年にECOWAS(西アフリカ諸国経済共同体)による開発をアピールして,ガンビアから発行された切手の一種で,同共同体の加盟国16ヶ国を国境を入れて明示し,同国の位置を色を変えて示す地図が見事に小さな印面の中に描かれています。旧英領,旧仏領の両方を含む加盟国に意義のある機構と言うことができますが,この切手にもジャワラ大統領がきっちりと描かれています。

 ちなみに,地図と並ぶメインの図案は,石鹸の製造工場を描いていますが,これは同国を含む西アフリカで多く栽培される油ヤシから採れるパーム油が原料となっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガンビア 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる