切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS グルジア

<<   作成日時 : 2008/08/11 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 北京五輪開幕と同時に噴き出したのが,グルジアの南オセチア問題です。ロシア援軍の南オセチア侵攻に対して,グルジア選手団が北京五輪から引き揚げの可能性を示唆しましたが,これはとりあえず回避されました。

 グルジアは旧ソ連の黒海とカスピ海との間に位置するカフカス地方の国で,ソ連崩壊により1991年に独立します。ただ,このカフカス地方は民族の十字路と呼ばれ,民族,宗教的に非常に複雑な地域で多くの民族問題を抱えています。グルジアの中にある南オセチア自治州はイラン系のオセット人が多く居住する地域で,ソ連時代にソ連内のグルジア共和国に編入された経緯があります。(グルジアは,この地域はソ連スターリン時代の民族分断政策で人為的に作られた地域で,本来はグルジアの土地と主張している。)

 グルジアからの分離を求める南オセアチア自治州に対して,それを阻止するグルジアと,援助するロシアという対立の構図になっていますが,実際には民族,宗教的な対立以外に,近辺で産出する原油輸送ルートの思惑も絡んで政治的な背景が見え隠れします。

 そこで今日の切手は,以前国別の地図切手でも取りあげたグルジアの経緯線入り切手の再登場で,1993年に国連加盟1周年を記念して発行されたものです。まさに時事的な話題として,グルジアという国の位置を答えさすには格好の材料になる切手です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
グルジア 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる