切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS メルカトル図法世界図

<<   作成日時 : 2008/07/18 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 先日のメルカトル図法の地図は太平洋中心の地域だけで,しかも高緯度地方は描いていませんでした。そこで今日は南極大陸をのぞいた世界全図という感じのメルカトル図法の地図切手です。

 上の切手は,1956年にドイツから国際警察展を記念して発行されたもので,図案の地図は経緯線間隔を15度で描いたメルカトル図法の地図です。高緯度の緯線間隔が大きく拡大し,実際には南米大陸のほぼ8分の1の大きさしかないグリーンランドが,地図上ではその南米大陸より大きく描かれているという面積のひずみが生じています。

 したがって,高緯度の両極地方を省略して描く場合が多いわけですが,それでも北半球のカナダやロシア北部はかなり大きく描かれており,大国がより大国に見えるという結果になっています。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メルカトル図法世界図 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる