切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS ポーランド

<<   作成日時 : 2007/12/20 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 旧ソ連の国々を終えて今日からは東欧諸国ということで,昨日までのリトアニアと関係の深いポーランドをまず取りあげます。

 上の切手は1985年に領土回復40周年を記念して発行されたものですが,図案にはポーランドの領土を示す地図が描かれています。ただよく見ると,色の濃い部分が西部と北東部海岸沿い(バルト海沿岸部にあたる)にありますが,これらの地域は第二次大戦前のドイツ領にあたる地域になります(北東部はポーランド領をはさんだドイツ領東プロイセン)。

 同国はドイツ,ロシア両国の間に位置することから,その争いに巻き込まれる歴史をもち,領土分割がくり返されました。図案の地図の色の濃い部分は第二次大戦後の1945年に,敗戦国ドイツからポーランド領へ変更された地域にあたり,その西端の線が現在のドイツ・ポーランド国境オーデル・ナイセ川ラインになります。そして,この地図の東側に続いて広がっていた大戦前のポーランド領は戦勝国ソ連の領土に編入されました。すなわち,ポーランドは領土全体が縮小しながら西へずれたことになるわけです。

 図案の地図のドイツ領から回復した地域にはシュチェチンなどの代表的な都市が示されています。ちなみに,地図とともに描かれている肖像の人物は,ポーランド国家成立期に在位したボレスワフ3世で,この1985年がちょうど生誕900年にあたります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポーランド 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる