切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS ラトビア

<<   作成日時 : 2007/12/16 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 バルト3国のうち今日は,その中間に位置するラトビアです。南のリトアニアとともにバルト系民族の国ですが,宗教的には北のエストニアと同じ新教(プロテスタント)が主体になっています。

 今日の切手は昨日のエストニア切手と同様,ラトビア全体の地図ではないのですが,ラトビアの地図切手といえば何といってもこの切手ということになるのが今日取りあげた切手です。

 上の切手はラトビアがロシアからの独立をめざしていた1918年発行の紋章を描いた同国1番切手の田型ブロックです。当時の同国は第一次大戦にドイツの支配を受けた直後の物資不足が顕著な時代で,切手もドイツ軍が残した地図(地形図)の裏面に印刷したというめずらしいものになっています。

 地形図の製作というのは,当時は各国とも軍部が担当していた国が多く,日本でも戦前までは陸軍参謀本部下の陸地測量部という所で製作されていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラトビア 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる