切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS セントルシア

<<   作成日時 : 2007/06/05 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 昨日まで小アンティル諸島北半のリーワード諸島の国々の地図切手を紹介してきましたが,今日からは小アンティル諸島南半のウィンドワード諸島の国々へ移ります。

 その最初としてウィンドワード諸島北部に位置するセントルシアを取りあげますが,同国はコロンブスが第4回航海で到達後,17世紀以降の英仏間の植民地争いを経て,最終的に1814年英領となります。

 今日の切手は1987年に発行された,額面刷色ちがいが多く発行された普通切手の一種ですが,図案の地図を見ると,卵形の火山島である同国の形態をはっきり示すため,海岸線の周囲に等間隔で相似形に線を描く手法を用いています。

 なお,切手上部の耳紙の部分に描かれているのはカラーマークと呼ばれるもので,その切手の印刷に使われたインクの色合いを示すものです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
セントルシア 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる