切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴンドワナランドの命名者

<<   作成日時 : 2007/02/09 21:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 昨日紹介したパンゲア(超大陸)は,ウェゲナーの説ではその後分離移動がはじまり,まず南北に2つの大陸に分離しますが,そのうち南方の大陸がゴンドワナランドと呼ばれます。この古大陸には,現在のアフリカ,アラビア半島,インド半島,オーストラリア,南米,南極が含まれます。

 ということで,今日はその古大陸の名称をインドの地方名からゴンドワナランドと命名した,オーストリアの地質学者スエスとその関連の消印を紹介します。

 上の切手はオーストリアから1989年に発行されたスエス没後75年を記念する切手で,その初日カバーに切手図案の背景と同様のヨーロッパの地図が描かれた記念印が押されています。

 この消印の地図は,彼の考えによってヨーロッパの地質構造を3つに大分類した地図で,自然地理学的な主題図ということになります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴンドワナランドの命名者 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる