切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS サンアンドレス・プロビデンシア

<<   作成日時 : 2006/12/28 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 経緯線の入った小さい島の地図切手シリーズ,今日はその最初ということで,やはりカリブ海の島を紹介します。

 上の切手は1957年に南米コロンビアから発行された加刷の航空切手ですが,経緯線とともに小さい島々が描かれています(画像はクリックで拡大します)。これらの島は中米ニカラグアの東方のコルン諸島でコロンビアの直轄区になっています。

 隆起サンゴ礁からなるサンアンドレス島と火山起源のプロビデンシア島が主島で,ココナツ,オレンジなどを産する島ですが,植民地時代にはスペインからの独立運動家の隠れ場となっていました。

 切手図案の経緯線をよく見ると,1度間隔で詳しく描かれており,緯度的には北緯12〜16度に位置することがわかりますが,経度はなんと西経4〜8度の間に位置しています。これならアフリカ大陸の西部ということになってしまうのですが,実はこの経度の数字はコロンビアの首都ボゴタの位置を基準にしたもので,ボゴタが西経74度なので,実際は西経78〜82度に位置するということになります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サンアンドレス・プロビデンシア 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる