切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS モントセラト

<<   作成日時 : 2006/12/17 20:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 小アンティル諸島の中で,アンギラ,バージン諸島と現在もイギリス領の島々を紹介しましたが,今日はもう一つということで,火山島の一つモントセラト島の地図切手を取りあげます

 このモントセラトもアンギラなどと同様に,コロンブスが第2回航海で発見した島として知られていますが,1600年代にイギリス人が入植し,一時フランス領の時代もありましたが,現在もイギリス領として存続し独自の切手も発行されています。

 上の切手は1956年に発行されたもので,図案の地図をよく見ると北緯16度45分の緯線が描かれており,アンギラからはさらに南に位置することがわかります。(画像はクリックで拡大します。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モントセラト 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる