切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS セントクリストファー・ネイビス

<<   作成日時 : 2006/12/10 17:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 今日は再びカリブ海の島に戻りますが,(正確にはカリブ海と大西洋を分ける小アンティル諸島の島)センントクリストファー(セントキッツ)・ネイビス・アンギラの各島を描く地図切手です。図案の地図には西経63度,北緯18度の経緯線が示されていますが,これはどの当たりになるかというと,小アンティル諸島の北部リーワード諸島の一部になります。

 これらの3つの島は1493年のコロンブスの第2回航海で発見された島で,とくに最初に発見されたセントクリストファー島はコロンブスの名クリストバルから命名されたと言われています。1620年代にイギリス人の植民がはじまり,その後フランスとの係争地になりますが,1783年のベルサイユ条約でイギリス領として確定します。

 この切手は1954年に同地域から発行されたものですが,この小さな切手図案の中に,他の島に対してイギリス領のこれらの島だけを赤く塗りつぶすという見事な地図に感心させられます。なお,この3つの島のうち,セントクリストファーとネイビスの2島は,一つの国として1983年に独立しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
セントクリストファー・ネイビス 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる