切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS 平板測量

<<   作成日時 : 2006/07/12 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 三角測量と水準測量によって設置された基準点を基に,地形や地物などを測量して地形図を作っていくのが地形測量です。現在は,先日紹介したように空中写真測量が広く用いられていますが,以前は膨大な時間と労力をかけた平板測量という方法で行われていました。

 平板測量というのは,地面に立てた脚部の上に平らな板を固定し,その板の上で測量結果に基づいて地図を描いていく方法です。

 この平板測量には,三角測量の経緯儀,水準測量の水準儀の原理を簡単に応用できる,小型で望遠鏡の付いたアリダードと呼ばれる測量器が使用されます。地形測量の主力が空中写真測量にとってかわった現在でも,写真では判読できない細部の測量や確認などは平板測量で補います。そういう意味ではやはり重要な測量方法ということになります。

 今日の切手は,その平板測量の様子を図案に描いたもので,1973年にノルウェーから地形図測量200年を記念して発行されたものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平板測量 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる