切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS エルミナの城砦

<<   作成日時 : 2006/05/08 20:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 エンリケ航海王の後を継いで探検隊の派遣を継続したのがエンリケの甥ジョアン2世で,その過程でポルトガルは沿岸に多数の交易基地を建設したのですが,その中で最も有名なのが1482年に現在のガーナの首都アクラ付近に建設されたエルミナの城砦である。

 16世紀のポルトガルの地図の多くには,このエルミナの城砦が大きく誇張されて描かれている。これは当時の当地における交易の実権を握っていたポルトガルの力を示すものでもあった。

 今日紹介する切手も,ギニア湾岸の詳細な地名と共にそのエルミナの城砦を大きく描いた16世紀ポルトガルのポルトラノ型海図が図案の切手で,1997年にポルトガルから発行された古地図シリーズの一種です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エルミナの城砦 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる