切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS エンリケ航海王

<<   作成日時 : 2006/05/06 17:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 昨日,大航海時代は次々と新しい地図が製作された時代だと紹介しましたが,今日からしばらく,大航海時代の先陣をきってアジアへ東方の道をめざしたポルトガルの探険史を地図切手で追ってみたいと思います。

 ポルトガルによる東方への道は歴史上有名なエンリケ航海王が15世紀前半に次々と探検隊を西アフリカ沿岸に派遣したことら始まります。このエンリケ航海王はその肖像を図案に描いた切手が多く発行されています。それら切手図案の肖像の多くは,ポルトガルの至宝「サン・ヴィセンテの祭壇画」と呼ばれる群像画の中の一人に描かれている彼の肖像を用いています。今日の切手も,その肖像画の顔の部分を大きく取り入れ,背景にポルトラノ型海図を組み合わせた図案になっており,1994年にブラジルからエンリケ航海王生誕600年を記念して発行されたものです。

 ところで,この図案の切手はポルトガルとその旧植民地の地域(ブラジル,カーボベルデマカオ)の合わせて四つの国・地域から同じ1994年に共同発行という形で発行されています。このような共同発行の切手をそろえて完集することは案外苦労するものです。やはり新切手発行時にすぐに入手するのが一番です。しばらくたつと市場になかなか出廻らなくなります。共同発行をまとめてセットにしたロット(切手オークションなどの出品物)もなかなか出てきません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エンリケ航海王 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる