切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS マルテルスの世界図

<<   作成日時 : 2006/05/12 20:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 ディアスの喜望峰到達はそこまで南下して帰ってきたのではなく,実は喜望峰を周回して海岸線が北東に向かっていることを確認し,東岸を南緯33度付近まで北上してから引き返しているのです。そして帰路途中,昨日紹介したように喜望峰に石柱を建てたわけです。

 このディアスの航海の翌年1489年に,ベネチアで製作されたマルテルスの世界図には,その航海の成果が記録されています。古代プトレマイオスの世界図はインド洋を内海として描いているのに対して,アフリカを周回しうる大陸として描き,ディアスが到達した東岸の南緯33度付近まで地名が記されているのです。

 今日紹介する切手は,1988年に南アフリカ共和国からディアスの喜望峰発見500年を記念して発行された切手の一種で,このマルテルスの世界図のアフリカからインドにかけての部分を図案にした切手です。よく見ると,アフリカ最南端を周回した東岸にも地名が記されているのがわかります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マルテルスの世界図 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる