切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS カナリアの正体は?

<<   作成日時 : 2006/05/01 20:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 昨日紹介したカナリア諸島の地図をもう一度よく見てみると,(上の図は昨日の切手図案を一部拡大したもの)7つの主島がありますが,その一つにはGrâ Canariaの地名があります。この地図が製作されたのは1563年という表記が切手の印面にも示されていますが,このカナリアの地名が当時から現在まで続いていることがわかります。

 ところで,このカナリア諸島という地名は,あの愛らしい鳥の「カナリア」から付いたと思われがちですが,むしろ話はその逆なのです。ややこしい話になりますが,この島の存在は古代から確認されていたものの,15世紀にスペイン人が到達した時に多くの犬を見た(犬の鳴き声を聞いた)ことから中世ヨーロッパの犬頭人の伝説の話に結びつけ,スペイン語のCan(犬)から名付けられたのです。

 そして,16世紀にスペイン人がこの島に生息していた鳥を持ち帰って飼育をはじめて以降,その愛らしさ,美しさからスペインで飼育が流行し,島の名にちなんでこの鳥は「カナリア」と呼ばれるようになったのです。

 ということで,カナリア諸島の名の由来は鳥の「カナリア」とは関係ないのですが,カナリア諸島に鳥の「カナリア」は現在でも生息しており,カナリア諸島と鳥の「カナリア」は密接な関係であることにまちがいはないのです。ああ,ややこしい!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カナリアの正体は? 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる