切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS 現存最古の地球儀

<<   作成日時 : 2006/04/24 22:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 メルカトルが地球儀も製作したことを昨日紹介しましたが,彼が地球儀を製作したのは1540年頃です。その約50年前の1492年に製作された地球儀が,現存する地球儀としては最古のものとして知られています。その地球儀を図案に描いた切手が今日紹介する切手です。

 この切手は1992年にドイツから地球儀500年を記念して発行されたものですが,この地球儀すなわち現存最古の地球儀はベハイムによってドイツのニュルンベルクで製作され,現在でも当地の博物館に所蔵されています。製作されたのが1492年ですから,いわゆるコロンブスのアメリカ大陸発見と同年ということになります。

 したがって,この地球儀には当然アメリカ大陸は記されておらず,大西洋をはさんでヨーロッパとアジアが向かい合っています。まさに,これが当時のヨーロッパ人の世界観であって,コロンブスもヨーロッパから大西洋を西へ船出すればアジアへ到達できると信じていたのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
現存最古の地球儀 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる