切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS メルカトルと地球儀

<<   作成日時 : 2006/04/23 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 メルカトル図法で知られる地図学者メルカトルは1569年に発表した正角図法の世界図によって名声を確立したが,それ以前に,天文学者フリシウス(地図学者,数学者でもあった)に師事して地球儀の製作も行っていた。メルカトルは地球儀を製作する中で,経線,緯線間隔の拡大率を等しくして等角航路を直線で描くことを考案し,現在でも広く海図に利用されるメルカトル図法が完成したのである。

 このように,メルカトルと地球儀の係わりは非常に重要であって,今日紹介する切手にもメルカトルが地球儀を持つ図案が描かれています。この切手は1962年にベルギーからメルカトル生誕450年を記念して発行されたものです。なお,消印にもメルカトルの肖像が描かれていますが,記念切手が発行されると,その関連の図案を描いたこのような特別の消印が製作されて一部で使用されます。
 
 ベルギーでは他にも彼の肖像を描いた切手が複数発行されていますが,世界地図と組み合わせた図案の切手は発行されていません。地図切手ファンとしては,名作1569年製作の世界図を図案にした切手をぜひ見たいと思っているのですが。生誕500年まで後少しなので期待して待っているところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メルカトルと地球儀 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる