切手で読む地図の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS 半球図二つで世界全図

<<   作成日時 : 2006/04/14 20:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 先日,陸半球水半球の各半球図の地図を紹介しましたが,それぞれの地図の中心であるパリ付近とニュージーランド付近は,実はお互いに地球の真裏側の正反対の地点(対蹠点と呼ぶ)にあります。これは何を意味するかというと,パリ付近を中心に地球表面の半分を描いた半球図に対して,残り半分の地球表面を描くためにはその対蹠点のニュージーランド付近を中心に描けば良いということです。したがって,この陸半球と水半球の各半球図を二つ並べれば世界全図ができあがるわけです。

 そこで今日は,そのように半球図を二つ並べた世界全図を紹介します。上の切手は1961年にキューバからラジオサービス10周年を記念して発行された切手ですが,左の半球図はキューバを中心に描かれており,右の半球図はキューバの対蹠点にあたるオーストラリア西方を中心に描かれています。

 ただし,描かれている図法は,陸半球と水半球の各半球図を描いていたランベルト正積方位図法ではなく,平射図法という図法です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
半球図二つで世界全図 切手で読む地図の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる